« 子供の絵 | トップページ | ドライフラワー♪ »

2005/06/29

沙羅双樹の寺 東林院

今日は、友人に会うために京都に出かけました。三人で会うのは一年ぶりで、雨の京都の街をしっとり(?)賑やかに散策してきました。

今日の行き先は、沙羅双樹の咲く東林院というお寺です。6月12日~30日の期間限定で「沙羅の花を愛でる会」が開催されています。事前に花の様子をお寺に確かめたところ、「今日は雨の中、綺麗に咲いています」とのお返事だったので、私達は迷わず、このお寺に行くことに決めました。

沙羅双樹といえば、平家物語にうたわれていることで有名です。

「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり、沙羅双樹の花の色盛者必衰の理をあらわす・・・・・・・」とうたわれており、朝に咲き夕には散りゆく「一日花」の姿が、人の世の常ならぬことをよく象徴しています。

梅雨の季節に、白い椿のような花を咲かせ、雨に打たれてすぐに散ってしまうそのはかなさがひときわ心をうちます。

今日はまず、この花の姿だけをご紹介いたします。

sarasoujyu rakka

|

« 子供の絵 | トップページ | ドライフラワー♪ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

おかえりなさい。
お疲れ様でした。沙羅双樹の花って初めてみました。
白い花なのですね。珍しい花アップしていただきありがとうございます。
雨の京都だったそうですね。こちらも雨でしたが、「ニッコウキスゲ」が
気になり雨の中行ってきました。

明日のブログは「ニッコウキスゲ」です。
日付がまだ変ってませんが掟破りでもうアップしてしまいました。

投稿: tochi | 2005/06/29 23:55

tochiさん おはようございます。
私も沙羅双樹の花に出会ったのは初めてです。
一日花の一生について、お坊さんからお話を
聞かせていただきました。
まだ、未消化の部分もありますが、今日一日
私なりに解釈して、この日記の続きを書いて
みるつもりです。

しゃべりたいし、写真も撮りたいし、おいし
い物も食べたいし・・・・・
やっぱり欲張り人になってしまい、アッとい
う間に過ぎた一日でした。

雨の中のニッコウキスゲが楽しみです。

投稿: GANちゃん | 2005/06/30 06:06

GANさん
沙羅双樹の寺、難しい呼び名ですね。
梅雨時にしか見られない「1日花」
別名「ナツツバキ」とも言うそうですね、
庭に一面に白い椿のような花が落ち、
雨の日にピッタリでとても安らぐ写真ステキ。
又美味しいもの食べ、
おしゃべりして目に浮かびます・・・
楽しい1日お疲れ様。

投稿: viora88 | 2005/06/30 12:44

楽しい京都だったようでよかったです。
来年はアジサイを見にまた来てください。しっとりと雨の中の京都もおつなものだったのでは?
なぜか私は雨女なのでどこか出かけるというと雨なんです。
悲しい~。

投稿: くーちゃん | 2005/06/30 18:50

viora88さんへ
お寺の名前、正しくは妙心寺 東林院でした。
雨の日に行ったのが、かえってよかったみたいで、苔の緑も前日までは白っぽい感じだったそうですが、雨のおかげで緑色復活していました。お花もしっとりと咲いていて、落ちた花に、いつになくセンチメンタルになった私でした。
楽しい一日は、時間の経つのが速すぎます!!

投稿: GANちゃん | 2005/06/30 20:13

くーちゃんへ
3人の京都行きは、今回2回目でした。京都駅に集合の時間だけ決めて、あとの行動はその日の気分まかせというパターンです。
いろいろ情報ありがとうございました。
京都はいい所がたくさんありすぎて、どこへ行こうか迷います。福井から1時間半で、こんなに楽しめるのはうれしいです。
福井の駅、新しくなったんですよ!!
また、こちらにも遊びにお出かけください。
そろそろ、ジャムも作れそうなので、作ったらフロマージュにかけてみますね!!

投稿: GANちゃん | 2005/06/30 20:26

京都のしっとりと時間が止まったような景色が写真から感じられます。

日々、時間に追われた毎日ですので、そんな雰囲気が落ち着いた気持ちにさせていただけました。
私の母の実家が京都(宇治)なので、京都はよく行きました。

今の歳になって、違う目線で景色が見られるようになってきたと思いますので、行って見たい気がします。
1時間半で行けちゃうなんて羨ましい限りです。

来週の9、10日と東京に勉強会に行ってきます。
BUNちゃん先生、山口常務、萩原オーナーにお会いして、私も、元気とパワーをいただいてきます!!

投稿: nori | 2005/07/01 07:36

noriさんへ
母が一週間前に退院して、入院中よりさらに大変な毎日になってきました。
父まで疲れてきて体調不良で、お気楽な嫁も少し心配になってきました。
京都行きだけは、どうしても実現させたく、思い切って行ってきました。
本当に普段考えないような事を考えさせられるお庭でした。

お母様のご実家の宇治にはあじさいで有名なお寺があると教えていただきました。機会があれば行ってみてください。
noriさんも忙しい日々が続きますね。
お互い健康だけは、気をつけましょう!!

投稿: GANちゃん | 2005/07/01 08:47

京特有の湿気さえ、思わず吹き飛んじゃうような (笑)
楽しく充実した瞬間 ( とき ) を、過ごされたかと察します。
何気にキャアと喋るだけ、只それだけで嬉しくて、
不思議とパワーを得たような、そ~んな感じが伺えます (≧▽≦)

※ 追伸 ※

お義母さまの介護等 ( リハビリ? ) 何かとお辛い時期ですね。
サポートする側 ・皆さんが、共倒れとかにならぬよう、
・・・ 辛さをひとりで抱えぬよう、只只×2 祈ります (-人-)

どうかお大事に。

投稿: ひなた | 2005/07/01 13:09

きっとGANちゃんさんは、頑張りやさんだから、無理しちゃいそうで心配です。

自宅の介護は、本当に大変だと思います。どうか頑張り過ぎないように、そして、ご自分のお体にも気をつけてくださいね。
(気のきいたことが言えない私が本当に情けない。ごめんなさい)

投稿: nori | 2005/07/01 20:23

ひなたさんへ
しっとりとした京都へ行っても、私はしっとりとした大人の女性になりきれず、久々の再会に一年のブランクを埋めるべく、最初から最後まで、口の休まる暇がありません。
そんな私は、母のことも一人で抱え込むなんてことができる訳もなく、これから、いろんな人を頼って巻き込んで、そんなネットワークをどう広げようかと思案中です。
方向が決まれば、もう少し心のゆとりも出るかな???
ここしばらくの落ち込みからようやく脱出しかかっております。
本当にご心配いただき、ありがとうございます。

投稿: GANちゃん | 2005/07/01 20:30

noriさんへ
ごめんなさい。説明が足らなくて・・・・
両親とは別居なのです。車で10分位の距離です。
このところ、毎日行っていますが、やはり父に負担がかかっています。
来週は、これからのケアのプランも考えて、みんなが少しでも楽する方向にもっていくつもりです。
これまで、ずっとお気楽な嫁だったので、せめてもの罪滅ぼしです。
母は、なんとか身の回りのことは自分でできる状態ですので、ほどほどに手を貸すつもりです。
こんな時、超楽観主義な自分の性格が好きになります。

投稿: GANちゃん | 2005/07/01 20:44

今晩はコメントありがとうございます。
京都ですか、言葉の響きかもしれませんが雰囲気がありますよね。他の県にない独特の魅力があるような気がしてならないのですが。雰囲気を切り取るのがうまいのでは!!

投稿: かきみっくす | 2005/07/01 21:01

かきみっくすさんへ
久々に電車に乗っての旅行でした。
京都に行くと、日常を離れて静かな気持ちになります。
去年行った鞍馬もとってもよかったです。
場所がいいと、写真を撮るにも熱が入りますね!!
かきみっくすさんは、お次はどこへ登場するのか楽しみです。

投稿: GANちゃん | 2005/07/01 21:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 沙羅双樹の寺 東林院:

» 雨の京都 [ブログで情報収集!Blog-Headline/travel]
「雨の京都」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べ... [続きを読む]

受信: 2005/07/08 14:33

« 子供の絵 | トップページ | ドライフラワー♪ »