« ラベンダーの収穫 | トップページ | 沙羅双樹の寺 東林院 »

2005/06/28

子供の絵

昨日、探し物があって子供部屋の押入れをゴソゴソしていたら、懐かしい子供の絵を見つけました。                                      

その発想、色使い、あふれる楽しさにえらく感動してしまいました。

こんな感性を大人になったら忘れるのかもしれませんが、記念にブログに載せちゃいます。

SANY0205 SANY0206 SANY0212 左から・・・・自画像(次男小2)、海の中(次男小2)、版画 (長男小1)

|

« ラベンダーの収穫 | トップページ | 沙羅双樹の寺 東林院 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

すごく懐かしいでしょうね。
子供の発想は私達の想像以上のものがありますね。
自画像は色使いがすばらしいと思います。
背景色がシャツと同系の色なのに遠近感を出しています。
海の中も版画も発想がすばらしいと思います。

国の将来を決める方々も既成のの概念にとらわれずに、
この絵のように豊かな発想で考えていただきたいと
思っているのは私だけかも知れませんね。

投稿: tochi | 2005/06/28 08:59

tochiさん こんばんは!!
子供達の絵は、笑いが自然に出てくる何かがあります。
思うままに紙に描くことを楽しんでいるからでしょうね。
次男は今でも絵を描くのが好きで、将来漫画家になるなんて言っています。
親バカですが、子供の絵をみなさんに見て欲しくてUPしちゃいました。
子供は二人とも私のブログには全く興味がないようです。
そして、母は全く絵のセンスが無い人です。

既成の概念にとらわれないっていうと、tochiさんのファインダーをのぞく視線も独創的ですよ!!

投稿: GANちゃん | 2005/06/28 20:02

いいねー。感性の豊かさを感じます。うちの子供たちは、あたしを含めて、芸術性なし。これは、親のせい?とおもいます。幼児の頃描く「絵」に対し否定ばかりしていたような気がします。「そんなんじゃないでしょ」とオトナの考えで、絵を書き直させたきがします。「目」の大きさがおかしいとか「そんな色おかしいでしょ」見守ることができなかった。あの時、そっと見守ることができたなら、息子たちもっと違う人生
送ってたかも なんて

投稿: momomama | 2005/06/28 23:31

大きくなっても大事に小学校の頃の絵を大事に取ってもらっているGANちゃんさんの子供さんは幸せですね。
私も小学校の頃1回市の絵画コンクールで賞をとったことがありますが、今はその面影の影かたちございません。

京都どうでしたか?あじさい御所に咲いていましたか?
京都のアジサイ有名どころは藤森神社や大原三千院だったみたいです。ごめんなさいもしかしてアジサイ見れなかったかもしれないですね~。今日は雨が降っていますが楽しい京都でしたか?またよろしければブログに京都のこと載せて下さいね。

投稿: くーちゃん | 2005/06/29 13:02

☆momomamaさんへ☆
私に絵心がないので、子供の描く絵には感心するばかりです。2歳の時に次男が描いたウルトラマンの顔も残っていますが、母よりずっと特徴を捉えています。
「お母さん、絵を描いて!!」とせがまれたこともなかったなあ・・・・トホホ^_^;
子育ては一段落して振り返るといろいろ見えてくるけど、
あの時はきっと余裕もなく一生懸命やっていたんだよね!!
もう一人がんばる??

☆くーちゃんへ☆
あじさい情報ありがとうございました。
行きの電車の中で、友達とどこへ行こうかと相談しました。
あじさいなら教えていただいた三室戸寺に行きたいけど、時間的にきついかなということで、偶然目にした情報で、明日まで公開している東林院の沙羅双樹を見に行ってきました。
期間限定に弱い人なのです。
あじさいはあちこちに綺麗に咲いていました。雨の後で、しっとりした風景が見れましたので、ご紹介いたします。

子供の絵日記を探したのですが、見つかりませんでした。
絵だけでも残しておいてよかったです。
私の絵は残ってないだろうなあ??

投稿: GANちゃん | 2005/06/29 20:04

心温まる絵です。ホントにホント!

時々、子どもの絵を真似して同じものを描いてみます。
ヘタッピな中にも芸術性を感じる子どもの絵に対して、私が描けば「なんじゃ?こりゃ?」のただのらくがき。
たった一本のせんでもどうしてこんなにも違いがあるのでしょう・・・?

息子さんの将来・・・、楽しみですね★

投稿: はなな | 2005/06/30 15:16

☆はななさんへ☆
ありがとうございます。
将来、漫画家目指して、日々マンガ本を愛し、裏の白い紙はすべて絵で埋め尽くす次男です。
子供の絵にふれる機会の多いはななさんは、きっと毎日いい刺激を受けているのでしょうね。
小さな芸術家の感性、大事にしたいです。

投稿: GANちゃん | 2005/06/30 20:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88698/4740464

この記事へのトラックバック一覧です: 子供の絵:

« ラベンダーの収穫 | トップページ | 沙羅双樹の寺 東林院 »