« ニゲラの花 | トップページ | こんな場所でも・・・ »

2005/06/01

知床 世界遺産登録へ

SANY0635 知床 世界遺産登録へ

今日の新聞の一面の見出しです。

国際自然保護連合が、北海道・知床について「生態系も生物多様性も基準を満たしており、登録が適当である」と勧告したとのことで、知床の世界遺産への登録がほぼ確実となったそうです。

私が、この記事に敏感に反応したのは何故なのでしょう?

最近、ある方のブログで美しく雄大な北海道の自然の風景の写真を見せていただき、自分が学生時代に二回も旅行した北海道を思い出すことが何度かあったからです。

そして、急に古いアルバムを2冊引っ張り出してきました。

あった、あった!!ありました。周遊券・・・降りた駅の押し印があります。

一枚目は昭和55年・・・順番は不明ですが、滝川・富良野・帯広・足寄・川湯・斜里・苫小牧・網走・池田・浜佐呂間・旭川・白老・浜小清水・美幌・留辺蕊・青森

二枚目は昭和57年・・・様似・斜里・釧路・落石・名寄・網走・札幌・滝川

と読み取れました。

やっぱり、二回とも知床に行っている。知床五湖も、斜里の夕日も、羅臼岳の高山植物も覚えています。

同じ友人と二人旅、アルバイト代をコツコツ貯めて行ったっけ。時間だけはたっぷりあって、一回目は12日間、二回目は20日間も周遊券で回っていたんだわ。

あれからそんなに時間が経っていたなんて思えないけれど、周遊券の日付けは正直です。

知床の自然は今でも変わることなく厳しく雄大なのでしょう。また、いつか北海道に行ってみたいなあ!!

|

« ニゲラの花 | トップページ | こんな場所でも・・・ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!!
北海道周遊券大切に保管していたんですね。
これからも大切してください。多分北海道を周遊券で回られた鉄道は廃線になっているところもあるのではと思います。
北海道を旅していますといたるところで鉄道の跡を目にします。想い出というより宝物ではないかと思います。
これを拝見して私も「青春の1ページ」のような何か懐かしさを感じました。ちなみに昭和55年私には、2人の子供がいました。

知床が世界遺産に登録されるということですが、なぜもっと早くしなかったのだろうと思いました。でも今回登録されるということで一安心で大変うれしいです。北海道にはたくさんの世界遺産登録候補があると思います。そういう場所も早く手を打ってほしいものですね。そうしないと生態系が崩れてしまいます。富良野・美瑛も行く度に風景が変ってきています。先人が残してくれた財産を守って行きたいものですね。

投稿: tochi | 2005/06/01 22:29

tochiさん こんばんは。
そうですか。廃線になった線路跡があるんですか。
広い北海道を鈍行、急行と周遊券で回っていた時、友人と飽きることなく語り、行く先々で知り合う方が温かく、窓から見える景色は広々と大きかったです。
今の時代、すべてがあくせくと動き、自分のようなマイペース人間はこれでいいのか?と疑問に思うこともしばしばです。
周遊券持っていてよかったです。友人はアメリカ暮らしとなり、会うことは難しくなりました。
このブログをアメリカで見ることって可能ですか??

自然環境だけは、壊れないで残っていってほしいと思います。自然が壊れたら、人間も壊れそうです。
富良野、美瑛の自然の変化をtochiさんは感じていらっしゃるのですね。是非、またそんなメッセージを込めた写真を撮ってみてください。

投稿: GANちゃん | 2005/06/01 23:35

GANちゃん様
廃線跡って悲しいですよ。
トンネルにはフタ?をし、鉄橋は途中まで壊してあったりで
一緒に旅した次男も「寂しいね」って言っていました。
自然を壊しておいてそのままって何か変な気がしますがどうしようもないのでしょうね。

ブログはアメリカでも見れますよ。インターネットは全世界に繋がります。ただし、国によって繋がらない国もあります。GANちゃん様のURL
http://kazumi-iwa.cocolog-nifty.com/blog/
は、世界中でGANちゃん様、あなただけのものです。
メールアドレスも同じです。閉校になった教室にもアメリカに住んでいるお孫さんとメールをしたいので通われていた方がいらっしゃいました。是非、北海道を旅行したお友達とメールやブログで楽しんでください。

投稿: tochi | 2005/06/02 02:44

インターネットってすごいものなんですね!!
アメリカのパソコンは画面に日本語でてくるんでしょうか?
英語で書かなきゃ見れないのでしょうか?
どこかから、「GANちゃん、おかしいよ」っていう声が聞こえてきそうなバカな質問ですが、私としては真剣な悩みです。
受け手のパソコンにもよるのでしょうか?
朝から大ボケでごめんなさい(^_^.)

投稿: GANちゃん | 2005/06/02 07:25

GANちゃん様

おはようございます。
大ボケではありませんよ。
どなたでも考える単純な疑問だと思います。

まず、結論から申し上げますとアメリカのパソコンでも日本語がでてきます。安心して下さい。今のままで何もすることはありません。ただ、URLをアメリカにお住まいのお友達にお知らせするだけでOKです。一緒にメールアドレスもお知らせするとメールのやりとりもできるようになり楽しみが増えるのではないでしょうか?

また、Windowsのパソコンは言語の違いはありますがツールバーなどの画面は同じです。いつでしたか台湾で購入したというWindows XPを教室に持ってきて使い方を教えてほしいという生徒さんがいらっしゃいました。中国語でしたがよくみると「削除」だな、あぁ、これは「保存」だってわかりました。メニューの表示の順番も同じでした。

ただ、接続業者(プロバイダ)によって外国に接続する場合少し料金がかかるところもあるようなので、事前にプロバイダにお問合せ下さい。

投稿: tochi | 2005/06/02 09:33

tochiさん こんなに詳しく教えていただきありがとうございます。
早速、友達に手紙を送りURLを知らせます。
それと料金のこと、プロバイダに問い合わせてみますね。
アメリカの友達に見てもらえたら夢のようです!! 
パソコン操作は世界共通のようでちょっとうれしくなりました。

筋肉痛早く治してくださいね!!
写真撮影も被写体が山の上だったりすると体力勝負ですね。

投稿: GANちゃん | 2005/06/02 19:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 知床 世界遺産登録へ:

« ニゲラの花 | トップページ | こんな場所でも・・・ »