« 沼ッ原湿原の自然 | トップページ | 真岡線SLの旅 »

2005/08/04

益子を訪ねて

今回のこの旅行にあたって、私は日立に住む友人Yちゃんに連絡を取りました。

彼女とは、学生時代からの付き合いで、独身時代に穂高岳に登ったり、東北一周をしたり、気心の知れた友人です。彼女と行動すれば、きっと何かおもしろいことがあるのです。

旅行の一週間前に電話した時も、私はただ会うだけでいいかなと軽い気持ちだったのです。それに、宿泊している宇都宮と彼女の住む日立は近いだろうと勝手に思い込んでいました。

ところが・・・・、「私、宇都宮に行くんだけど、どこかで会わない?」という問いかけにYちゃんの反応が鈍いのです。聞けば、宇都宮は直線でなら近いけれど、電車利用だと乗り換え、乗り換えで3時間近くかかるかもしれないと言うのです。

「じゃあ、どこか中間地点で会おうよ。」とまた、私は何のあてもなく提案したのです。

そして、彼女が提案してくれたのが、益子一日散策、帰りは真岡線のSLに乗るというプランでした。

panhu 焼き物の町を散策してSLに乗れて・・・・・

OK、OK 大賛成よ。Yちゃん、素敵、このプラン完璧よ!!

と楽しみにしていた矢先、台風接近。台風の影響でYちゃんの予定が変わるかもしれないという事態になってきました。台風で子供さんのサッカーの県大会が延期されると、Yちゃんとは会えなくなるー!

同じサッカー少年をもつ私は、応援したいYちゃんの気持ちもよくわかる。ああ・・・・神よ!!

こんな時だけ、神様に祈る私だが、台風はぜんぜん大したことなく通過してくれて、私達はめでたく益子の地で再会した。

mashiko_ai3 まず、訪れたのは草木染の日下田藍染工房(←クリックしてみてね)。

まず、謝ることがあります。せっかく撮影したこの工房の写真をほとんど誤って消去しちゃいましたーーーー!!

Yちゃん、ゴメン。せっかく、私が写真撮影する傍らで、お店の人にいろいろ取材してくれて、藍の原料のタデアイの写真やそれを発酵させた「すくも」の写真や、藍甕の中に浮かぶ藍の華の写真を撮ったのに・・・・・アァーーー(^_^;)

なんてこったーーー!!!

こんな時、笑ってごまかしたら怒るかなあ??

まあ、気を取り直して、工房の様子をご紹介します。

mashiko_ai1 この工房では、糸を紡ぐ作業から、染め、織りの作業をこなし、とってもレトロな機械が並んでいました。

そして、草木染で染めた糸のこの美しい色。

この糸で作った作品のまたすばらしいこと。

mashiko_ai2 この日下田工房さんは、江戸時代中期からの紺屋で、カヤ葺の建物に歴史を感じます。建物の中は72個の藍瓶がすえられていて、中を見せていただいたところ、藍がうまく発酵したときにできる、藍の華が浮かんでいました。

ここで、ふくろうのマスコットとコースターをお土産に買いました。

まあ、とにかく暑い日で、ここを出た頃はジリジリと太陽が照り付けていました。

めげずに、歩いて散策。

焼き物のお店がいろいろ並んでいます。

mashikoyaki 気の向いたお店に足を運び、お気に入りの一点を探す私達。

素朴で暖かみのある焼き物が並び、本当に迷ってしまいました。

Yちゃんは、普段使いのできる白い鉢、私は取っ手のついたお皿に決定するまで何軒のお店を回ったことか。

お昼を食べに入ったお店で、私たちはしゃべり込んでしまいました。一時間以上軽くしゃべってしまったかな。

まだまだ、見所もあるので、重い腰を上げたのですが、外は本当に暑くてだんだん足取りが重くなってきました。

mashikoyaki2 でも、ここだけははずせないと、陶芸美術館を目指しました。ここは、大きな登り窯があり、見学することができます。

もっとゆっくり見たかったのですが、SLの時間が迫っているため、残念ながら写真を撮って後にしました。

そして、これから私達は必死の猛ダッシュをする破目に陥るのでした。

|

« 沼ッ原湿原の自然 | トップページ | 真岡線SLの旅 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!

確かに日立と宇都宮は時間がかかります。私事ですが
私の実家は日立から車で北へ30分ほどのところにあります。
しかし、すごい強行軍ですね。びっくりです。
工房の画像消去してしまって残念ですね。

益子は県内ですが、一度も行ったことがありません。
一度行きたいと思っています。

お疲れ様でした。

投稿: tochi | 2005/08/04 22:40

今晩は観光コースが女性らしい感覚ですね。
SLの写真は撮られたのでしょうか?
益子は高校の時に行ったことがあります。
もうだいぶ前ですが。

投稿: かきみっくす | 2005/08/04 23:34

☆tochiさんへ☆
あらまあ!!日立のお近くの出身とはビックリです。
以前、私が前橋に住んでいた時、両毛線?に乗って日立に行ってきましたが、この辺りの土地勘は全くないのです。
栃木と茨城、お隣の県だからともっと簡単に考えていました。

工房の写真消した時には泣いてしまいました。
益子はじっくり散策するには、丸一日必要です。
私達は、たった4時間半いただけ・・・・そして、当日駅で会って作戦会議を開き、一日の行動を決めるという行き当たりばったり旅行だったので、最後は時間切れとなってしまいました。
tochiさんも、是非一度行ってみてください。
もっと涼しい時期がいいですよ!!

投稿: GANちゃん | 2005/08/05 07:04

☆かきみっくすさんへ☆
SLの写真をかきみっくすさんのところで見せていただいていました。
もちろん、私も写真撮りましたよ!!
沿線には、カメラマンが三脚セットしてSLの写真を撮る姿も見られました。
まじで、乗り遅れるところで、飛び乗った瞬間は放心状態でした。オホホホ・・・・
その筋肉痛からやっと回復してきたところです。
SLの写真はかなり疲れて撮っていたので、後悔が残ります。じらすつもりはないのですが、そのうちUPいたしま~す。

投稿: GANちゃん | 2005/08/05 07:13

お友達と今回は焼き物の町を散策いいね。

窯もすごい
登り窯とゆうのね、いい所が見学でき、
お友達ともおしゃべり出来、美味しいもの食べ
筋肉痛ぐらいがまん~がまん。

綺麗なお花(メランポジウム)を見
元気が出ましたよ。
ありがとう。

投稿: viora88 | 2005/08/05 19:30

☆viora88さんへ☆
今週一週間重い足どりで歩いていました(笑)
このお話を語らずして、益子散策は語れません。
なぜか、Yちゃんといるとインパクトのある体験
ができます。
なんでかな~♪なんでかな~♪
一見すると、とっても静かな人なのよ。
今頃、クシャミしてるわね!!

投稿: GANちゃん | 2005/08/05 20:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 益子を訪ねて:

« 沼ッ原湿原の自然 | トップページ | 真岡線SLの旅 »