« 野原に出れば・・・ | トップページ | すずらん »

2006/05/14

ひるがの高原

Bunsui1Bunsui5Bunsui6
Bunsui3Bunsui2Bunsui4

5月4日に私の両親をさそって主人の運転で岐阜県のひるがの高原へ行ってきました。
以前から気になっていた「ひるがの分水嶺公園」に立ち寄ってみました。ここは池の水が二手に分かれる分岐点にあたります。
一方は長良川に流れ込み太平洋に、もう一方は庄川を経て日本海へと注ぎ込み、ちょうどこの地点が水の運命の分かれ道になります。

この公園のすぐ近くにひるがの湿原植物園があります。
ここでは、水芭蕉や初めて見る座禅草(ざぜんそう)に会うことができました。

Mizu1_2Mizu2_2Mizu3_2Mizu4Mizu5Mizu6Zazen1Zazen2Zazen3

水芭蕉も座禅草も花は真ん中にある棒状のもので、目だっている白や茶色の部分は包(ほう)というそうです。この形の包を「仏炎包(ぶつえんぽう)」と言うのだとか・・・案内板からの情報です。
余談ですが、うちの庭の「カラスビシャク」も「仏炎包」に包まれて中に目立たない花があるそうです。
包は花を温めたり虫を呼ぶ目印になり受粉しやすくする役割があるということを初めて知りました。
水芭蕉は花が終わる頃から芭蕉のような大きな葉がつくことからこの名がついたそうです。
また、座禅草は花が球状で、僧が座禅を組んでいるように見えるのでこの名がついたそうです。花にピントを合わせたかったのですが、包にピントが合ってしまい最後の一枚は悔やまれます。
別名はダルマソウ・・・こちらの名前もなるほどです。

花の種類は少ない時期でしたが、珍しい花に出会って満足満足でした。
この後で牧歌の里にも行きましたが、こちらの花の見頃は例年よりもずっと遅れていたそうで、チューリップを期待していたのに一本も咲いてなくて残念でした^^;

|

« 野原に出れば・・・ | トップページ | すずらん »

旅行・地域」カテゴリの記事