« 新緑から深緑へ | トップページ | ホタルブクロ »

2007/06/06

無鄰菴庭園の風景

64k164k264k364k4
64k1364k1264k1064k564k6
64k1464k964k864k7

久しぶりの再会となる学生時代の友人と京都の一日デートを楽しんできました。
行き先は「無鄰菴」、ちょうど京都国立近代美術館から琵琶湖疎水に沿って南禅寺に向かう途中、噴水が見えてきたら右に折れた所にひっそりとある場所です。
門をくぐり、白壁の中の小さな入り口を抜けると庭園になっています。
木々を楽しみながら小道を行くと急に視界が開けてそこには緑濃い庭園が広がっています。
庭園は東山を借景とした心憎いまでの配置になっていまして、疎水の水が引き込まれてゆるやかな傾斜があるために水が心地よく流れています。

この「無鄰菴庭園」は明治の元勲・山県有朋が設計・監督し、造園家・小川治兵衛が作庭した「池泉廻遊式庭園」とのこと・・・・舌をかみそうな難しいことはさておきまして、左上の疎水の噴水の写真から時計回りに画像を見ていただくとお庭を廻遊した気分になってもらえるかしらん??
三段の滝、池、芝生とこの時期は菖蒲の紫が彩りを添えてくれていました。
この日は「るるぶ」の取材のカメラマンが光の具合を見ながらいろんな角度から撮影されていました。

友人と私はお抹茶とお菓子もいただき、開け放した障子から見る緑と水の音の世界に引き込まれていました。

また別棟のレンガ造の洋館には歴史的な場所となった部屋を公開しています。この部屋は無鄰菴会議が開かれた所だそうで、貴重な文化財保存のために窓が締め切られている上に照明も薄暗くて、おまけにフラッシュ撮影は禁止です。
試しに一枚だけ写真を撮ってみましたがブレていました。
江戸時代の狩野派による壁画が飾られ、椅子、テーブルも当時のままだそうです。
この後は祇園に移動しました。
64k1764k1664k111

祇園はちょっと敷居が高くて今まで行ったことも無かったのですが、心強い友人と一緒に思い切ってお昼をいただいてきました。
行き先は「京料理 花咲」で、地図を見ても右も左も今の現在地まで??な私・・・・友人はなかなか地理の把握が早くてこっちじゃない~・・・・エッそうなの??・・・・複雑な迷路のような祇園の街を歩きまして、予約時間にお店の暖簾をくぐりました。

うれしいことに個室に案内していただきまして、私たちはもう緊張感もどこへやら、食べに食べて、しゃべりにしゃべって、時に学生時代のとんでもない失敗談まで引っ張り出して笑ってしまい、気が付けば2時間もこちらにお邪魔しておりました。
いただいたのは、「お昼のミニ会席」で、とっても美味しく大満足で・・・写真は途中まで真剣に撮ったのですが、途中から笑っていたら撮影を忘れたり、写真になっていなかったりで、最初の3品あたりまでの画像です。 心地よい満腹感と満足感、ありがとう~すずちゃん、幸せなひと時~更に錦市場で豆乳ドーナツ、そして最後は駅で抹茶ソフトでしめくくり、シンデレラデート?終了なり!!・・・・電車に飛び乗りまた日常へ・・・・楽しめる時に「楽しみ貯金」をして、また日々頑張っていきましょう!!
Gion0Gion1Gion21_1 Gion3
Gion4Gion5Gion6Eki1Eki2

来週、義父が入院することになりました。緊急な病気ではなく多分また退院したら元気すぎて困るほどのじいちゃんに戻ると思うのですが、いろいろな用事もありましてブログをしばらく休みます。
みなさま、梅雨の時期をお元気にお過ごしくださいね。
私は十分楽しみ貯金をしましたので、しばらく日々奮闘します。


|

« 新緑から深緑へ | トップページ | ホタルブクロ »

旅行・地域」カテゴリの記事