« 朝の出来事 | トップページ | 平泉寺~中世へとタイムスリップする道~ »

2007/08/19

国史跡平泉寺を見学しよう!!

Img2_2
世界遺産暫定リスト入りを目指している勝山市の平泉寺の史跡見学会が8月15日と16日に開かれました。
私と母は16日に参加して平泉寺白山神社から発掘現場までを学芸員さんの説明を聞きながら歩いてきました。

暑い日でしたが、杉木立に囲まれたこの地は心地よい緑陰があり、帰省客も含めて20人余りの参加者の皆さんは熱心に説明を聞きながらの有意義な散策でした。

いただいた資料からの抜粋になりますが簡単に平泉寺の歴史について残しておきます。

・平泉寺は白山への登り口に開かれた山岳寺院で、古代から中世後期にかけては白山信仰を背景に強大な宗教勢力に成長、戦国期には、山中に広大な境内が出現し、お堂や社、「六千坊」と呼ばれる多数の僧侶の住居が建ち並んでいました。

・しかし、天正2年(1574)に一向一揆の攻撃を受けて全山消失しました。9年後には再興に向かいましたが、境内は十分の一程度に縮小し、かつての境内地の多くが山林や田畑になったのでした。
さらに明治初年の政府による神仏分離政策によって平泉寺は廃止されて白山神社となりました。

平成元年から始まった発掘調査では、予想をはるかにこえる広大な範囲から中世の平泉寺に関係したと考えられる遺構が大変良い状態で発掘されています。

発掘現場などの紹介は次回に回して、今回は見学会の様子のみのご紹介です。

Iseki1Iseki2Iseki3Iseki4Iseki5Iseki6

|

« 朝の出来事 | トップページ | 平泉寺~中世へとタイムスリップする道~ »

旅行・地域」カテゴリの記事