« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010/10/31

香港②

Hk0Hk1Hk7
Hk2Hk3Hk4
Hk41Hk5Hk6
Hk53Hk52Hk9
Hk10Hk13Hk12
マカオから香港に戻った私たち、「さあ今晩は何を食べようか?」とホテルで真剣に考えた。
なんか毎日いろいろ食べておなかが飽和状態なのだ!!

そこにYさんのナイスな提案shine「日本食はどう??」
私もその気持ちわかる~~!!それしかないね~と思いましてホテルのスタッフに相談しました(運よく日本人のスタッフがフロントにいまして二人とも大喜びhappy01
とても親切に教えてもらって、何軒かの中から「旬彩 富」というお店を選びお食事をいただいてきました。
お魚はすべて日本からの空輸だそうで、香港でお刺身とか鮎の塩焼きなど食べるなんて想像もしていませんでした。
お料理をなぜ撮らなかったのかと後悔ばかりですが、二人とも話に夢中ですっかり写真を撮ることは抜けていました。
でもお店のご主人さんとそのお料理の味は記憶に残ること間違いないです。

香港最後の夜は素敵な打ち上げ宴会になりました。

翌朝、また食べる話ですが有名な「糖朝(トンチウ)」へ。ここではお粥とスイーツをいただいてきました。
お粥もとっても優しい味で美味しかったのですが、私はスイーツの味にしびれましたheart04マンゴーも豆腐花シロップがけも美味しい~朝からハイテンションになっちゃいました。
その後は九龍公園にて腹ごなしの散歩、トロピカルな雰囲気の公園はウォーキングする人太極拳をする人などいい雰囲気でした。
フラミンゴ、頭の黒い白鳥、猫など発見してカメラを向けてみました。

香港滞在は残り時間も少なくなり、最後はデパートでお買い物。両替した香港ドルをほとんど綺麗に使ってから帰国の途につきました。

Yさんのカメラの写真もコピーさせてもらって、沢山の写真の中から選んでブログに綴ってみました。素敵な旅に乾杯barです。

帰りの飛行機も極めて順調に飛びました。旅の最後の最後になって自分のドジに気が付きましてあせりましたが、紛失したかと思ったJRの切符も無事に見つかりめでたく19日の日付が変わる前に福井まで帰ってこれました。
Yさんお世話になり本当にありがとう~ベリーベリー謝謝!!

写真はクリックすると大きくなりますのでよかったら見てくださいね。
長い旅日記にお付き合いありがとうございました。


| | コメント (2)

2010/10/28

聖ドミニコ教会

Senado1
Senado2_2


Senado3
Senado4
Senado5
ここ数日冷え込んでいますね、なんかこのマカオの青空が懐かし~い感じです。
前回の記事にも写真を載せていますが、波型のモザイク模様が美しいこの広場はセナド広場です。マカオの中心でとても賑わっています。
噴水を囲むようにパステル調の西洋建築が立ち並んでいます。

「ここで自由行動!!」なんて言ってくれたらうれしいのですが、やっぱり時間はなくてガイドさんに付いて歩くのみ。
聖ドミニコ教会もとても美しい教会でした。
ただ、やっぱり時間がなくて・・・・・・残念!!
その後バスまで歩く途中でミルクプリンで有名なお店をeye!!・・・・・しかし立ち止まる時間もなく一行どんどん先を行くし、めっちゃ後ろ髪を引かれましたweep
この後、マカオタワーにも行き、マカオの老舗ホテル リスボアでランチを食べカジノ体験もしました。
すばらしく盛り沢山な一日でしたcoldsweats01
次回で長い旅日記を終わりにします~よろしくお付き合いくださいませ。


|

2010/10/26

マカオの魅力

Makaot4


Makaot6


Makaot5


Makaot3


Makaot2


Makaot1


Makaot0


マカオは大航海時代の16世紀半ばからポルトガルによる統治が始まり、1992年12月の中国に返還までその統治が続いた地です。

そんなポルトガル情緒を残すマカオは歩いているとヨーロッパと中国が混在したまか不思議な雰囲気を味わうことができます。
そんな写真を並べてみました。
エッグタルトはマカオの名物です。
香港でも食べたのですが、ここマカオのエッグタルトは一味もふた味も違いましたgood
サクサクのパイの中はほど良い甘さのトロリとしたカスタードクリームです。

|

2010/10/25

マカオ世界遺産~聖ポール天主堂跡~

Sentopol1Sentopol2Sentopol3
Sentopol4Sentopol5Sentopol6
Sentopol8Sentopol9Sentopole10
香港からマカオはフェリーが出発すれば一時間で到着します。
マカオ到着した瞬間に思ったのは香港よりも湿度が低くカラッとしているということ(たまたまこの日がそうだったのかもしれませんが)、香港の空気はどこかまとわりつくような蒸し暑さを感じていたので快適です。ただ日射しはすごくきついです。

ガイドさんの案内で午前中はマカオの世界遺産を散策します。
これがすごい駆け足で、歩きのスピードも速くrundash、ガイドさんの日本語説明も早い早い!!
マイペースで写真など撮っているような時間はない感じ(≧m≦)

それでも今日は取材モードなので、とにかくパチパチと撮ってきました。

マカオの世界遺産とは・・・・・2005年に22の歴史的建造物と8か所の広場が「マカオ歴史市街地区」として世界遺産に登録されました。約450年にわたる東洋と西洋の文化の融合・共存が認められたそうです。

ここ、聖ポール天主堂跡はマカオのシンボル的な建物です。
1602年から35年の月日を費やして建設したものの1835年の火事によって焼失し現在は正面の壁と階段だけを残すのみとなっています。
日本のキリシタンも建設に従事していて壁の中には菊の花や徳川家康の顔を持った龍もいるとか。
いろんな彫刻がほどこされた壁を見ているだけでも立派な教会だったのだろうと想像されますよね。


|

2010/10/24

マカオへ~噴射飛航~?

Makaof1Makaof2
Makaof3Makaof4
早起き女子二人の三日目はマカオ一日観光でした。
朝7時には朝食をすませてホテルを出発、いざマカオsunnotes

ところが、ところが、8時30分発のフェリーは乗客全員着席して救命胴着の装着説明ビデオも終わったのにいっこうに出発する気配がないのです。
そして、乗務員が中国語で何か説明した瞬間に船の中の平和な空気が一変、文句ブーブーといった雰囲気に、そして「降りろ!!降りろ!!」みたいな指示が出てぞろぞろと船を降りて隣のフェリーに乗り換えた。
どうやら乗ったフェリーにトラブルがあったようだ。

さあ、やっとマカオに行けると信じていたら、信じられないことにまたもや同じことになってこのフェリーからも降ろされた。

こうなったら日本人も黙っておられない。理由を説明しろ・・・・と言う人も出てくる。乗務員は「ちょっとこわれました。ちょっとこわれました。」・・・・それしか言わない。まったくもう!!なのだ。

なんとこのトラブルで出発は一時間も遅れた。そしてその分マカオの観光は駆け足観光になってしまった。
このフェリーの名前「噴射飛航」ですが、運が悪いとこういうアクシデントもあるということですship

|

2010/10/23

深圳(シンセン)

10月17日、この日は中国深圳への移動です。
香港から行きは深圳から迎えに来ていただき尖沙咀からバスに乗って約40分で深圳灣口岸にて下車。ここで入境検査を受けます。香港からの出国カードを提出した後、長い通路を歩いて深圳側で今度は入国手続きを受けます。審査のたびにカードとパスポートを提出し審査官が記載内容とか顔とパスポートの写真をチェックしているようです。
Imigure1イミグレの中は撮影禁止、通り抜けたところで写真を一枚撮りましたが、なんだか中国ではどこここでカメラを向けるとまずいような気がしてこの日は取材はあまりしなかったというのが正直なところです。
写真は南山の入境庁です。
お昼近くなったので先生のご案内で飲茶のできる大きな中国レストランに行き沢山の種類のお料理をおなかいっぱいいただきました。
食べ盛りのお子さんたちの食べっぷりが気持ちよかったです。
その後は先生たちの住んでいるマンションにお邪魔しておしゃべりしているうちにアッという間に時間が過ぎていきました。

新しい環境でも家族一丸となって一生懸命に暮らしておられる先生にお会いすることができ本当にうれしかったです。
深圳はこれからどんどん発展していくそんな雰囲気がある町でした。
Visas1帰りは福田まで見送っていただき、また出国、入国の審査を受けてから落馬州駅からMTR東鉄線にて宿泊ホテルの近くの尖東駅まで帰ってきました。
次の日のマカオ行きも出国入国が行き帰りにあったのでパスポートに沢山のスタンプがたまりました。

福田で先生にお別れする時、ちょっとウルウルしちゃいました。


続きを読む "深圳(シンセン)"

|

2010/10/21

朝から肉食系

Asa10171Asa10172Asa10173
早起き女子二人が早朝の町に繰り出して二日目の朝がスタートした。
目指すは庶民派で地元の人にも観光客にも人気の店「頂好海鮮酒家」

まずはお茶を選ぶ、「ジャスミンティー」~~するとボーーンと無愛想にポットに入ったお茶が来る。それからメニュー選びだが、日本語メニューなしで真ん中のオーダー用紙を見ながら考えこんだ。
この漢字の羅列を見ているとだんだん頭がフリーズし、最後はご飯系の中から適当に選ぶ!!注文するときは「オーダー!!」の一言でOK。
そして出てきたのがトッピングしたご飯と肉まんpig
お粥を注文したつもりがミスったみたい。まあ量はほど良い感じ。
味は美味しいdelicious・・・・・だが、トッピングの具材が不明sign02・・・・Yさん、私に「これはタコだよ、オクトパス!!」っていうから信じて食べた物はタコじゃない、中にしっかり骨があるsign03
どうも正体はしらない方がいいようだ。
お勘定の時は「マイ タン」というのも覚えたぞgood
なんとジャスミン茶付きで二人で70香港$~さすが庶民派、楽しい体験をした。
今日は国境を越えて中国に行くんだもの、肉食でガッツで行こう!!

いろんな体験をしたので忘れる前にどんどん記していきたいと思います。


|

香港①

Peak2
今回の旅行、ちょっとしたハプニングはあったものの概ね順調に予定通りに進んでいきました。
一日目a.m3時半に自宅を出発し、関空から飛行機に四時間足らず乗り香港空港に現地時間の13時45分に到着(香港と日本の時差は一時間で香港が一時間遅れとなります)。
ホテル到着がだいたい15時位になって、そこで先生と久々の再会をしました。ご主人と二人の息子さんも来てくださいまして香港島を案内していただきました。

滞在しているのが九龍半島でビクトリア湾をはさんで対岸が香港島です。香港島にはフェリーに乗って渡ってきました。
Peak1
香港のバスはほとんどが二階建て、二階部分は天井がないオープントップ・バスが沢山走っています。乗ったバスは屋根ありタイプでしたが、バスで香港山頂まで登っていきました。
ちょうど夕焼けが綺麗な時間帯になって美しい夕焼けの海にうっとりしてきました。この夕日が見えるレストランのテラス席で夕飯ですshine
Peak3
Peak4
Peak31
総勢6名で楽しい夕食、ちょっぴりビールもいただいているうちに夜景が綺麗に見えてきました。
展望台に移動して美しい香港の夜景にまたうっとり~~素敵な夜景でしょ!!
Peak5
だんだん一日の疲れも出てきたので引き揚げてまた半島に移動し夜のプロムナードの賑やかさを味わいながら一日目を終了しました。
今日は香港のオクトパスカードを150香港$で購入、日本のSuicaやPASMOに相当するものです。フェリー、バス、鉄道などいろんな乗り物とコンビニで使えてこの旅行中大活躍しました。
旅行の最後には窓口で”change money!!" と言えば残金を返却してくれます。ただし購入後三カ月以内の返却は7香港$は差し引いての返金です~オクトパス豆知識でしたgood

|

INTERCONTINENTAL HONG KONG

Hotelv7Hotel6Hotel1
Hotelv1Hotelv2Hotelv3
Hotelv4Hotel5Hotelv6
今回の旅行の宿泊ホテルは「インターコンチネンタル 香港」・・・香港随一の繁華街チムサアチョイ(尖沙咀)地区に位置します。
ビクトリア湾の目の前という絶好のロケーションで眺めが素晴らしいホテルでした。
MTRの駅もすぐ近くですしフェリー乗り場や繁華街へのアクセスも良くて行動しやすいホテルでした。
落ち着いた雰囲気のインテリアも素敵でもっとずっと滞在したかったところです。
基本は英語と中国語の世界ですが、日本人スタッフもいるので聞きたいことを教えてもらうこともできてうれしかったですshine

真ん中はお部屋の窓からの風景です。夜景を部屋にいながら堪能できる贅沢も味わってしまいました。夜景はまた次でご紹介しますね。


|

2010/10/20

香港~深圳~澳門の旅

Ana1
10月16日から19日まで三泊四日で旅行に行ってきました。海外って何年ぶりでしょう、簡単には計算できない位久しぶりです。
一日目は香港、二日目は中国深圳(シンセン)、三日目は澳門(マカオ)、最終日は最後のひと時まで香港を満喫しました。
深圳にはフルートの先生が住んでいらっしゃるので、お友達と一緒に先生に会いたくて出かけたというのが一番の旅の目的でした。
三泊とも香港の同じホテルに滞在したまま行動するという方向だけは夏に決めて旅行を申し込みフリープランの四日間本当に充実した旅となりました。
Makao1
思い切って行かなければなかなか実現できないこんな旅をできたのも一緒に行ってくださったYさんのおかげです。
日中関係が不安定なこんな時期ですが、香港は治安がよくていろいろな場所を観光したり食べ歩いたりできました。
A先生のご一家にもいろいろお世話になりました。本当にありがとうございました。
素敵な旅の余韻に浸りながらまた日々を歩いていきたいと思います。
上は行きの飛行機の中で、真ん中は世界遺産の澳門で、下は香港空港で帰りに乗ったパンダの飛行機を撮ってみました。
Ana2


|

2010/10/14

なんでやねん?

1014bokkuseji
10月11日、怪我から99パーセント回復した義父が温泉に行きたいと言い温泉に行ってきました。
またまたこんな話題になるのですが・・・・ご機嫌で温泉を楽しんだ義父だったのに翌日施設から突然に「おとうさんが突然すごく吐いて入院されましたから来てください」との電話がかかった。
なんでやねん???・・・混乱する我が頭を抱えながら病院に行くと、じいさんは「もう死ぬ死ぬ!!」と大騒ぎだった。
今までの既往歴もあって担当の先生から頭の検査をするので入院してもらいました、との説明を受けました。

その日は義母もうろたえていたので、そっちを落ち着かせて帰宅。翌日また病院へ・・・・しかし、じいさんは別人のように元気だ。点滴が効いたのだなぁ!!

CTもMRIも検査の結果は異常なく神経内科の受診の結果めまいによる吐き気との診断が下り、症状がすっかりおさまったので今日退院できますということになりました。

そうなったらじいさんは今受けている点滴を引っこ抜いてでも退院するという行動に出たもので、まあまあ・・・とそれだけは受けてもらってから退院しました。
昨日は死ぬ死ぬって大騒ぎしたんだよ~!!と言っても、そんなこと言ったかぁ~というリアクションだ。長生きしまっせ、じいちゃん!!


|

2010/10/09

秋の窓辺

109hana31109hana4109hana6
庭に面した窓に秋の花を生けてみました。
秋色になった紫陽花と秋明菊は庭に咲いていたものです。
他にアスター、菊、ススキを入れています。
庭のドウダンツツジが少し紅葉してきました。

このピンクの秋明菊は今年初めて庭に咲いたんですよ。
以前からかわいいし育ててみたかったお花なんですが、私お友達から分けていただいていたのに誰からもらったのかがポッカリと記憶から消えていたんです。
咲いてからずっと気になっていました。
それが偶然にも今日苗を分けていただいたMさんにばったり会って、「あの秋明菊はもしかして?」とMさんが私のブログを見て思ったそうです。
ああ、そうでした。Mさん、ありがとうheart04~次々に綺麗に咲いていますよ~私の記憶のブラックホールがその瞬間に埋まりましたshinenoteflair
そうそう、いただいてすぐにリビングからよく見える場所に植えて乾かないようにマルチングしておいたのよねぇ~情けない記憶力ですまったく。


|

2010/10/07

今日のスタイルは

107etsuko2_2107mayu2_2
107mayumi1107miyuki
107yumiko1107kazumi4

続きを読む "今日のスタイルは"

|

2010/10/06

育ちました

106potyuraka_2義母の受診があり福井にいます。
家のコンクリートの上の花壇がポーチュラカで埋まっていました。猛暑を生き抜き逞しいなぁ~~もう少ししたらパンジーと植え替えになるけどそれまで頑張ってね!!



106ajisai秋色になるのをずっと待ったアジサイは赤くなりました。・・・・こうなったんだ~というのが私の感想、ちょっと予想外です。緑になると思っていたので、だんだん赤みがさしてきた時???でしたが、日光の当たらない部分は緑のままでした。
来年は日傘をさしてUV対策をして育てましょう!!


106syumeigiku庭にはピンクの秋明菊が咲き始めました。
義母の調子もよく、義父のケガもいい方向に向かっています。ありがたいことだと思います。

|

2010/10/04

シモバシラという花

Simobasira1Simobasira2
Simobasira3Simobasira4
9月26日に高尾山6号路で見かけた花ですが、「シモバシラ」という名前だと教えていただきました。
たまたま同じ花を見ていた方に「この花の名前わかりますか?」・・・・と尋ねたところ、ちょっとの間考えた後で「シモバシラという名前だと思うよ。」と教えてくださいました。
それだけじゃなくて、「シモバシラって見たことありますか?」と逆に質問されまして、私は質問の意味をしばらく考えた末に「冬に地面が凍ってザクザクとできるあれですか?」と・・・・するとその方は携帯に保存している写真を見せてくださいまして、「冬の寒い日に、この植物の根元にはこんなに変わった形の氷ができるんですよ。」と自然の造形ともいうべき変わった形の氷の数々を見せてくださいました。

なんでもシモバシラの茎は枯れても毛細管現象で水を吸い上げ、それが凍ると面白い形になって根元に氷の芸術が出来上がるそうなんです。
そのシモバシラを目当てに冬の寒い日に高尾山に登るんだそうです。
面白いお話を聞かせていただきました。

|

2010/10/02

香水

Perfumes
淡路島で自分オリジナルの香水を作る体験をしてきました。
ブレンドしたすぐはアルコールの香りがするので3週間ほどの熟成期間が必要なんですが、そろそろアルコール臭が消えていい感じになってきました。

作り方はというと、24種類のエッセンシャルオイルが3つのグループ・・・トップノート、ミドルノート、ベースコート・・・に分けられているんですが、それぞれのグループから自分の好きな香りを3本選び全体で9本の好みの香りをまず選びます。
24本すべての香りをかぎ分けるのですがら真剣に神経を集中します。
トップコートは軽い香り、ベースコートは重い香りで、分類された香りの中からバランスよく選びブレンドすると調和のとれた香りに仕上がるそうです。
鼻が疲れてきたらコーヒーの香りをかいでリセットしてまたクンクンと好みの香りを選んでいきました。

選んだ9種類、それぞれのエッセンシャルイオルの量は先生が決めてくださいます。きっとこの配分が難しいのだと思うのですが、出来上がった香りは本当に自分好みになっていましたshine
私は森の香り、ウッディー系が好きなのでさわやか系に仕上がりましたscissors
隣の友人は、なんとなんと食欲をそそるオレンジ系のこれまたいい香りgood
一緒に体験した方の香りをみんなかいできましたが、本当にこれそのまま香水として売り出せるよ!!というほどの香りもあり、世界でひとつだけの自分の香りにうっとりです。
パソコンから香り出せたらいいのですが・・・・・(笑)

Higan102タイトルとは全く関係ないのですが、先日彼岸花を変わった角度で撮ってみましたよ~シャボン玉を通して見ています。

コメントはお休みで、またよろしくお願いしますhappy01


|

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »