« 4回目の成人式 | トップページ | 深大寺 »

2012/01/16

新春を彩る花

J1152
J1154J1153J1155
J1151J1156J11514
J1158J1159J11510
J11512
今年の歩き初めは神代植物園、そろそろ蝋梅が咲く頃かしら・・・・とそんな予感がして行ってみました。
植物公園の入り口には新春の催しの案内があり、15日は「初春のぼたん展」と「梅の福寿草展」の最終日になっていました。
ぼたんに梅に福寿草とは、まさに初春の花のオンパレード!!

自然に咲くぼたん、福寿草、梅はまだ先なので展示の花は一足もふた足も早い春を感じさせてくれました。
特に福寿草の黄色はパワフルな黄色、金色にも近いような輝きがあって目をひきます。
昨年は2月中旬に外に自然に咲く福寿草を見てきたことも思い出しました。

蝋梅の咲く梅園に行ってみると少しずつ黄色い花がほころび始めた感じで、甘い香りに包まれていました。
池の傍を歩いているとカワセミを発見eye
木の枝に飛んでいって休憩しているところを運よく撮ることができました。
思いがけないカワセミとの遭遇、綺麗な翡翠色も見ていい歩き初めでしたfootfootgood


|

« 4回目の成人式 | トップページ | 深大寺 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ~!
神代植物園で春の香りを味わってきたのですね
まだまだ今年は寒いので我が家の近くの蝋梅は蕾が硬いですsign01
福寿草もあともう少しですねheart01
殺風景な庭に黄色の花を見るのが楽しみです
GANちゃんの行動力を私も見習わなくてはね
カワセミchick可愛いですね~heart02

投稿: kanjo | 2012/01/16 09:56

GAN ちゃん こんにちは 

今年も通常の生活に戻りましたね。
歩き始めに春の花を堪能されて気持ち良かったでしょう?
福寿草はいっそう気持ちをリフレッシュさせてくれますね。scissorsdash
カワセミにも会えて、今年もいっぱいいい出会いがありそうですね。
無理をしないでお互いに楽しみましょう!!

投稿: サンス | 2012/01/16 11:02

☆kanjoさん こんばんわ。
私は福寿草といえばイコールkanjoさんですshine
毎年のお庭の福寿草は楽しみですねheart04
昨日、福寿草の咲く場所にはほとんど芽が出ていなかったですがよ~く見るとひとつ、ふたつちょっとだけ地面から顔を出している場所がありましたeyeあとひと月位ですねshine
蝋梅は福井ではこの時期に開花はありえませんしやっぱり気温ですよね。
一足早い春の香り、やっぱりいいですよね!!
カワセミ、かわいいでしょhappy01

投稿: GANちゃん | 2012/01/16 21:48

☆サンスさん こんばんわ。
先週は冬休み明けの一週間、またペースを作るまで調子が出ませんでしたよ。
外を歩くのも久しぶり、お花に会えて楽しんできましたhappy01
カワセミにこんなにも偶然に出会ってしまったんですよ。今年は出会いの年かもしれませんねshine
ここのぼたんもどこかで育てて運んできたと書いてありました。
寒ぼたんの身になってみると本当は寒くてまだ冬眠していたいのかもsign02
寒さと乾燥でそろそろインフルエンザの流行が始まっているようです。気をつけて過ごしましょうね!!

投稿: GANちゃん | 2012/01/16 21:57

こんばんは。
春を感じさせる花々を見せてもらい喜んでいます。
先日は有難うございました。
植物園は良いですよね。
ここ神代のほうが一足も二足も季節の先取りですね。
京都は梅もロウバイだけでした。
ボタンもなくて残念でした。
東京のほうがやっぱり温かいのですね。
春よ来い!  ですね。
今日は久しぶりの雨です。冷たいです。

投稿: ペコロン | 2012/01/19 20:41

☆ペコロンさん こんばんわ。
先日は京都の植物園も見せていただきありがとうございましたheart04
冬でもこうして咲いている花を見ることができて幸せですhappy01
東京は晴れが多くて寒さよりも乾燥がきびしい毎日でしたが、ついに今日は雪になりましたsnow
京都も寒いでしょうね。

植物園もさすがに冬は人が少なく、自然に咲いている花はこちらも蝋梅と水仙・椿・山茶花でした。
展示の牡丹は外ですが、防寒対策がされていました。温度管理して育てた花を移植して展示してあるようです。
いよいよ大寒になりますね、立春までもう少し、お互い風邪などひかないように過ごしましょう。

投稿: GANちゃん | 2012/01/20 20:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 4回目の成人式 | トップページ | 深大寺 »