« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012/10/31

冷えてきました

Sgh121
朝晩冷え込むようになってきました。
先週の水曜日、天気がすごくよくて通勤途中にわざわざ跨線橋に登って遠くの富士山を見てきました。真っ白に冠雪していまる富士山が見えましたよ。
今年もそんな季節の到来だなぁ~と感じ、それと同時にインフルエンザの薬が動くようになりました。
予防接種を急がないと・・・・とカレンダーを眺めているところです。
近隣病院、内科・耳鼻科どこも最近は患者さんが多いです。
薬局で今日は病院で2時間待ちだったとかぼやく声も聞こえてきます。
出勤すれば忙しいのが当たり前となっている職場にもう一人人が増えることとなりました。
明日から正社員で一人入ってきます。
本店採用ですから支店のこちらに出ることはなさそうですが、それでもグループとして一人増えてくれることは本当にありがたいです。
また人員配置を社長がいろいろ考えていることでしょう。
とにかく職場は忙しいのに空いた時間はかしましくいろんな話題で盛り上がって仕事しております。
今週は明日から帰省してきますbullettrain
帰省すればしたで、またいろんな問題ばかり・・・・・抱え込まずにやっぱり専門家に相談して方針を決めていくしかないのでしょうね。介護も次々といろんな問題が出てくるんですから、遠くに暮らしていて申し訳ない気持ちはあるのですが、どうしてあげるのが一番なのか正解も不正解もない気がします。
写真はガーデニングショーの出品作、素敵な色合いのハンギングでした。


|

2012/10/29

和田倉噴水公園

Wadakura1
Wadakura2
Wadakura3
Wadakura4
Wadakura5
東京駅から和田倉噴水公園を経由して皇居外苑を通って日比谷公園まで歩いた時の写真になります。
和田倉噴水公園は皇太子殿下のご成婚を記念して平成7年に完成したそうです。
秋の青空と噴水が爽やかで気持ちよかったです。

この界隈は整然と綺麗で都会のオアシスっていう言葉がぴったりきます。
しばらくコメントをお休みにしていますが、また時間がある時に再開したいと思いますのでその時はよろしくお願いします。


|

2012/10/27

都会って

Ss1
都会って驚くような事がいろいろあります。
渋谷ヒカリエに行ってきました。窓ぎわから外を見ていると自分の立っている真下から電車が現れ向かいのビルの中に入っていく!!そしてビルの中から別の電車が出てきた!!
もうびっくりしますよ。SFファンタジーの近未来を見ているみたいな風景が・・・って言ったら大げさかしら?

都会ってびっくりするほど沢山の人がいるのに誰も知らないよ~と思って歩いていると突然知った人が現れたりするからびっくりします。都会はやっぱりミステリアスです。


|

2012/10/26

庭いろいろ

Hgs1
Hgs2
Hgs3
Hgs4
日比谷公園ガーデニングショーは今年で10回目を迎えたそうです。
私はこちらに来てから3年連続で見ていることになります。
今年は全国都市緑化フェア TOKYOと同時開催だったのでいつもよりも大規模なショーで見ごたえがありました。

中でもこのライフガーデン部門がすごくよかったなぁ。
これもあれもどれも、すごく見ていて楽しめましたhappy01
庭でくつろぎ、庭で語らい、庭で趣味を楽しむ・・・そんな暮らしに憧れますlovely将来のお楽しみsign02

出品ですから期間が終わったら壊されてしまうお庭、ひとつちょうだい!!っていう気持ちですが・・・・アイディアだけしっかり頂戴いたします。
Hgs5
Hgs6
Hgs7


|

2012/10/22

果実園~日比谷公園

Kajitu1Kajitu2Kajituen3
土日ともいい天気に恵まれましたね!!
主人は2週連続週末に向けて出張続き、神戸に続いて宇都宮への出張、お土産に冷凍宇都宮餃子を買ってきてくれました。
皮がすごくモッチモチで美味しかったです。

私の方は、職場に風邪を広めてしまい一巡させてしまいました。すみません相当強力な伝染力の風邪だったようです^^;
この週末は気分一新と夏物と冬物の入れ替えをしました。
収納スペースが小さいので入れ替えは結構面倒!!仕方ないわね。

そして日曜日は好天に誘われまして出歩いてきました。
東京駅から大丸方向に行く途中の果実園、一度行ってみたかったのです。食べたのはこのドーム型のミックスズコット、フルーツがぎっしり入っていて素直に美味しいですgood
人気のお店のようで10時頃入ったのですが次々にお客さんが入ってきました。お店は新鮮なフルーツがいっぱい並べられていて見ているだけでもうれしくなりなすよhappy01
大丸も拡張工事が終わってリニューアルしていました。
Tfw1Tfw2Wr1
東京駅から皇居方面へと歩く途中、まだ青い銀杏並木がありました。
皇居外苑を抜けて日比谷公園へ、今年は全国都市緑化フェアが開催されています。例年のガーデンニングショーのイベントも並行して開催中です。
その様子はまた次で見てくださいね。

| | コメント (6)

2012/10/18

1年前・・・・

Hw20121年という時間の単位がだんだんと短くなっていく気がする。毎日毎日がバーッと過ぎていき一カ月経つのも早いなぁと思うし。
さて、ふとそう言えば1年前自分は何してた?と振り返ろうとしても何も出てこないsign02

過去を振り返るを英語ではと調べてみると"look back over the past"なんだって。
ブログを綴っているとこんな時便利、過去のページをチョイとクリック!!
へぇ~そうだったわね、1年前私にはこんなことがあったのね~と思い出がよみがえる。
1年前の義母はこんな様子だったんだなぁと記事の一端から思い出せたりもする。短いような1年だけどやっぱりしっかりと重みのある1年だと思ったのでした。
お花屋さんの店頭はハロウィン一色です。


|

2012/10/16

ダリア

Dariaj1Dariaj2
Dariaj3Dariaj4
植物園のダリア園にはダリアが咲いていました。
ダリアは子供の頃は祖母が育てていてお仏壇に飾る花という印象があったのですが最近の品種は豪華で綺麗ですね。
カメラは主人に任せて私は観賞に熱中しました。
ここの花が全部自分の庭の花だったら~大きな花器に贅沢に生けてみたいですね!!
4枚目は多重露光とやらに初挑戦したみたいです。重ね撮りみたいなことができるのでダリア二種類を合成した感じになっています。

|

2012/10/14

マヤラン(摩耶蘭)とナンバンギセル

Mayaran1Mayaran2
前回の彼岸花を撮ったのは神代植物公園の水生園ですが、そこから本園の方に戻ってみると深大寺門を入る手前でカメラマンがお二人も何か小さな植物を熱心に撮っておられました。
気になりきいてみたところ「マヤラン」がちょうど咲いているとのこと、その方は今年も見れたと喜んでおられました。
調べてみるとマヤランは古い二次林に生える菌従属栄養植物(腐生植物)、光合成で自活する能力がなく菌類と共生して栄養素を得て生活するんだそうです。
Nanbangiseru1Nanbangiseru2
こちらは同じ日に植物園の中のススキの根元で咲いていたナンバンギセルです。
ナンバンギセルは自分では光合成できないため他の植物の根に寄生しそこから養分を取って生育している寄生植物です。
ススキは栄養分けてあげても元気だからOKですね!!やっぱり生き物の世界も助け合いが大事です。


|

2012/10/12

今年の彼岸花

Higan929
今週は木曜日何年ぶりかに熱を出して私はダウンしてしまいました。
水曜日の午後からなんか肩は凝るし頭痛はするしおかしいなぁと思いながら仕事をしていましたが帰ったらもうご飯を食べる気もなくダウン、翌日木曜日は休みでしたのでまあ寝たこと寝たこと、ほぼ丸一日熱にうなされながら寝こんでいました。
今日は何とか復帰ですが、職場では昨日一日寝ていたからボケてるからね・・・と前置きしておきましたcoldsweats01
まあ何事もなく一日終われてホッとしているところです。
主人、主張で留守でして家事は何もせずの毎日です。

この彼岸花、9月29日撮影です。まばら咲きといった具合でした。
私も自分のカメラを持って行ったのですが、一枚目を撮ろうとしたら”メモリーカードが入っていません”と警告が!!
ハワイ旅行の後で抜いたままだったweep
主人のいいカメラを借りて撮ったりもしましたが、悔しいけど主人が撮った写真が数段いいのでそれを拝借いたしました。
今週から急に風邪の人が増えてきました(自分もそうです)。気を付けましょう~!!


| | コメント (4)

2012/10/08

東京駅

Ts1
Ts2
Ts4
Ts5
Ts6
Ts3
帰省でこの駅を何回利用したかしら?本当に頻繁に利用している東京駅ですが、いつも新幹線から中央線に乗り換えるだけで途中下車することはまれです。
でも今年10月、5年にわたって進められてきた保存・修復工事が終わり赤レンガ駅舎がグランドオープンしたのですからしっかり見てきましたeye
風格がありますね~よくここまで復元したものだと感動して見てきました。
連休ということもあってすごい数の人が来ていましたよ!!
丸ビルでお茶しながらカフェからも写真を撮ってきました。
いつしか外は夕暮れ、夜に浮かび上がる東京駅もロマンがあって素敵ですlovely

| | コメント (6)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »