« 台風の日 | トップページ | キノコの夢 »

2013/10/21

京都へ

1019110192
1019320104
1月に亡くなりました義母の納骨で京都へ行ってきました。
金曜日に東京から福井へ移動しまして、土曜日に91歳の義父も京都へ行ける体調だったので一緒にサンダーバードに乗って一路京都へbullettrain
義父の引率は主人と二人がかりでも本当に大変でしたが無事に本山で供養することができました。

三人とも大仕事をなし終えて安堵しました。じいちゃん、よく頑張って行けましたね。私はただただ感動!!!!杖も持たずに京都もしっかり歩く義父の姿は危なっかしいようなしっかりしているような脳裏に焼き付いて離れません。
いい記念ですから主人と親子で一緒に、そして私と義父といっぱい記念写真を撮ってきました。・・・・といってもどこを観光した訳でもありませんが三人で京都に行ったという記念ですcamera

翌日の日曜日、今度は小雨の中でしたがお寺の住職さんに来ていただきまして家のお墓への納骨もして義母もきっと今頃静かに眠っていることと思っています。
みな母の思い出をまた新たにし、そしてひとつの区切りをつけこれからの日々を過ごしていこうと思っています。

|

« 台風の日 | トップページ | キノコの夢 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

GANちゃん
こんばんは!

お義母様の納骨に京都の本山へいらっしゃったのですね。
お義父様どんなにかご安心なされた事でしょう!!
サンダーバードは人気の列車なのでしょうね。
田舎にいると珍しい名前です。

お義父様91歳でしっかりなさっていて、
GANちゃんもご安心ですね。

お義母さまのご供養も無事終わりましたね。
またご前進下さい。

投稿: sakura | 2013/10/22 21:54

☆sakuraさん おはようございます!!
コメントありがとうございます。

じいちゃんは母が亡くなってどんなに気落ちするかと心配していたのですが、お陰様で元気に過ごしております。
一日一緒に行動すると言動すべて自由人で、それが長生きの秘訣なのかと感心しております。
本山とお墓に納骨できて、じいちゃんも安心したでしょうね。

北陸と大阪方面を結ぶ特急は以前は「雷鳥」という名前だったのですが、いつの頃からか車両が新しくなり名前は「サンダーバード」になったんですよ。琵琶湖の西を走るルートです。もしかするとペコロンさんのすぐ近くを走っているのかもしれません。

10月の台風と台風の合間に母の供養ができたので本当によかったと・・・これも母の見守りかもしれませんね。
生きている間は母に文句しか言わなかったじいさんが今では母のことを語るとき「あれ以上の相手はいなかった」みたいなことになっていて、それで私はいつも笑えますhappy01

11月は金沢で同窓会があります~楽しんできたいと今から楽しみにしていますnotes

投稿: GANちゃん | 2013/10/23 06:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 台風の日 | トップページ | キノコの夢 »