« 今週 | トップページ | 思いがけず »

2014/06/30

義父の自転車

Bic630
入院中でした義父が先日天国へ逝ってしまいました。
入院40日ちょっと、先生から最初からもう年齢によるものが大きいから回復の見込みはないことを説明を受けていました。
それでも、あの元気なじいちゃんのことだから奇跡の復活を遂げるかもしれないとそんな一縷の望みを捨てきれないままの日々を送りました。
義父は入院中に92歳の誕生日を迎え、その数日後に眠るようにしずかに旅立っていきました。
最後3日間は病院からの連絡を受けすぐに東京から駆けつけて主人・私・親類の人が交代しながら24時間体制 で見守り最後の時間を過ごしました。
葬儀も終わりまして施設に最後まで残っていたじいちゃんの愛チャリを長男が家まで乗ってきてくれて玄関に置いています。
きっと今頃は空の上を自転車こいで飛びながら「おまえら、後始末頑張れよ~!!」って言っている気がしています。
もうどんな遠出をしても心配することないのだから上空で好きなだけ自転車乗ってどこの銭湯へ行ってもいいよbicycleでも空の上では暴走しないでね!
ばあちゃんと仲良くね!

語り尽くせぬ思い出を沢山くれたじいちゃん、施設の職員さんも「お父さん、お父さん」って本当に親身に義父のことを見守ってくださって「絶対にお父さんのことは忘れない」と言ってくださっています。
じいちゃんの自転車はまだまだ走る限り乗るからね~後は引き受けたわよ。
入院前は最後まで現役チャリ男だった勇姿をみんな忘れないからね、もう新しいじいちゃんのエピソードが生まれないのは本当に寂しいのだけど思い出を大切に胸に残しておきます。
意見が合わずによく喧嘩して好きな事言い合ったねbomb
でも自分スタイルを貫いた92年の人生本当にあっぱれ見事でしたshine
ありがとうございました。
玄関の紫陽花と自転車を記念撮影camera

目まぐるしいようなこの一ケ月余りを振り返ると本当にじいちゃんとの最後の貴重な時間だったなぁと思います。じいちゃんの頑張りに夫婦二人がかなり励まされておりました。
通夜も葬儀もピカピカの晴れの日でじいちゃんやっぱり持っている人でした。

じいちゃん、、本当にお疲れ様でした。どうかゆっくり休んでください。
葬儀が終わったら何かにつけ泣けてきた日もありましたが私もようやく落ち着いてきました。
庭には紫陽花が今しっとりと綺麗に咲いています。
じいちゃんの遺影は施設でにっこりと笑っている本当にいい写真で私たちをこれからもずっと守ってくれるお顔をしています。
義父と義母がお世話になった沢山の方に私も本当に支えていただきました。本当にありがとうございました。

7月は少しずつ日常を取り戻していこうと思います。

|

« 今週 | トップページ | 思いがけず »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

GAN ちゃん

今 ブログを見て驚いています。
お義父様、あわただしく旅立たれましたね。
食あたりはやはり高齢になるとダメージが大きいのですね。
好きな自転車でお出かけになって好きなことを楽しんで過ごされた人生だったのでは?
ご冥福をお祈りします。
GANちゃんもお疲れのないようにお過ごしくださいね。

投稿: サンス | 2014/07/03 22:28

☆サンスさん こんにちは。

義父は5月の連休には本当に元気に普通にしていて一緒に買い物に行き、部屋で使う椅子を一緒に買いに行き、これからはこれに座って外でも眺めているわ~なんてらしくない事を言っていました。
胃腸炎で入院という事態に本人は気持ちのショックも大きかったようです。
 
自転車にまつわる伝説は次々と職員さんからも出てきてあんな事、そんな事、あったあったと泣き笑いで話すことが沢山ありました。
沢山の目に見守られて本当に幸せなじいちゃんだったと思います。

私も疲れが取れるまで少しゆっくりといきたいと思います。
サンスさんありがとうございました。

投稿: GANちゃん | 2014/07/04 18:20

突然の訃報に驚きと、そして92歳という高齢にもかかわらず自転車に乗ってあちこち出かけていたご様子を耳にし、お元気だったのに・・・本当にご冥福をお祈りします。
GANちゃんがよく快活で豪快でと言っておられたこと懐かしいです。エネルギーに満ちた方だとお会いしたことがないのにそう印象深い方でした。お空で見守ってくださいますよね、きっと!
チャリがポツンと主をなくしてさみしそうですね。

GANちゃんもGANちゃんのご主人もご親族のみなさんがきっとショックといろいろで大変でしょうね、少しずつ元の生活に戻れるよう祈っています。

投稿: ちぐちゃん | 2014/07/06 15:10

こんばんわ~!
義父さんご愁傷様です
92歳の大往生ですね
義父さんの活躍はブログで拝見しては失礼ながら思わずくすりと笑っていました。
お元気なだけに最後があっけなく感じてしまいますね。
GANちゃんやご主人ががっくりなさらないようにして下さいね。
季節がら体に気を付けてお過ごし下さい。

投稿: kanjo | 2014/07/06 21:39

☆ちぐちゃん おはようございます。

義父は最後まで義父らしく、多分もうやり残したことがないからと急いであちらへ行ってしまったのではないかなぁとそんなふうに感じています。
急なことで、まだ実感がないのが正直なところです。

義父の自転車は我が家の守護神として玄関に飾っておくことにしました。きっとご利益があるに違いないと思っています。
いなくなってもやっぱり気持ちの中では生きているじいちゃんです。

6月をどう過ごしてきたのか記憶があいまいなまま7月を迎えましたが、ゆっくりと日常のペースに戻りたいと思っています。
親は私も実家の両親だけになってしまいました。元気なうちに親孝行しておかないと~と改めて思ったりするこの頃です。

投稿: GANちゃん | 2014/07/07 06:47

☆kanjoさん おはようございます。

義父との間には本当にいろんな出来事がありました。
施設のお世話になってからは職員さんも巻き込んで本当に事件というような事も多々あり、私としては職員さんにも思いを共有していただき一緒に義父の事を考えていただけて本当に助かりました。
92歳まで長生きしてくれて本当によかったと思っています。
大往生ですね、本当に。

やはり一連のことがバーッと終わった今ちょっと力が抜けております。
無理せずに今の気持ちに正直に過ごしていこうと思っています。
お悔やみのお言葉本当にありがとうございました。

投稿: GANちゃん | 2014/07/07 06:55

GANちゃん
おはようございます!

ご愁傷様です。
92歳まで長生きして下さいましたね。
今日は七夕様お義母様と再会していらっしゃることでしょう。
お義父様のように最後まで元気に過ごしたいです。
ご愛用だった自転車お守りになりますねshine

本当にお疲れ様でした。
しっかり休養を取られてお元気にお過ごし下さい。
blogを楽しみにしております。


投稿: sakura | 2014/07/07 11:14

☆sakuraさん こんばんは。

元気に長生きしてくれた義父、以前は無口な人だったのにいつしかしゃべり出すと止まらない面白いじいちゃんに変わっていました。
面白いエピソードを数々残してくれたじいちゃんでした。

自転車は玄関に置いて厄除けにしたいと思います。そんなパワーを持った人でした。

5月6月と手帳にはいろんな書き込みがあるのですが実際のところ記憶があいまいな日々を送っておりました。
少しゆっくりと元に戻りたいと思っています。
義母がやっと義父を呼んでくれたのだろうと思いますね。
空の上では仲良くしてくれていることでしょうshine

投稿: GANちゃん | 2014/07/07 21:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今週 | トップページ | 思いがけず »