« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014/11/30

河津七滝

Io7
Io9
Io11
Io18
Io8
Io4
Io20
河津川に沿って七つの滝が集う渓谷は伊豆・天城山の麓に位置します。七つの滝を総称して”ななだる”と呼ばれています。
遊歩道を歩きながら清流の音を聞きマイナスイオンに癒され、それまでゴホゴホと咳の発作が時々あったのに滝を歩いているうちに治っていました。
この空気に体の中から悪い物が抜けていったのかもsign02

伊豆の踊子の舞台ということで「踊り子と私」の像の前は記念撮影をする人が絶え間なく、そして踊り子の着物を着たかわいいお嬢さんが記念撮影に一緒に入ってくれたりと情緒たっぷりの場所でした。

この滝を巡って感じたのは独特の岩の形状で「柱状節理」というものだそうです。水の綺麗さと岩の形の織りなす風景は見飽きることがなかったです。

このまま道をたどっていけば天城峠、浄蓮の滝、修善寺へとつながっているルートですが車じゃないとそこまで行くのは無理でした。
七滝を巡ってからバス・電車を乗り継ぎ伊東へ移動しました。


| | コメント (2)

2014/11/29

下田を歩く

Sp2
幕末に開国の舞台となった下田、黒船でやって来たペリー艦隊にちなんだ物があちこちに残る所でした。
お土産に買ったお菓子の包装はペリーの肖像画でインパクトのある顔、こんな顔していらしたのかな?
Sp3
中のお菓子もペリーや黒船にちなんだ名前の数々。
干物を販売するお店にも行って実家に干物を発送、キンメダイやアジなどこちらの地物の魚の干物です。
Pr2Pr3
Pr1Sp1
ペリーロードはぺりー艦隊が上陸した時に日米和親条約付録下田条約を結んだ了仙寺まで歩いた通り。石造りの蔵やなまこ壁の建物が並びます。
黒船遊覧船にも乗ってきました。歩いて回れる範囲にいろいろ見どころがあり歴史浪漫を感じながらの散策となりました。
Io0

|

2014/11/27

伊豆七島

Izn1
撮った写真を改めて見ていたら伊豆七島が写っていたのがありましたgoodありましたhappy01・・・・・とうれしくなって載せてます。
昨日はもうひとついいことがありました。11日に書いていた救急車で搬送された患者さんが無事退院されました。胃穿孔で緊急手術になったんだそうです。
本当によくなってよかったです。わざわざお礼を言いに来てくださいました。


|

2014/11/24

伊豆 下田へ

Isn1
Isn2
Isn3
連休は南伊豆の下田へ行ってみました。
伊豆半島のこんな所まで来たのは初めてです。

下田湾を一望できる寝姿山の頂上からは晴天に恵まれてはるか遠くの伊豆大島まで見渡すことができました。(遠くの島は写真ではうまく写っているのがなくて残念)
アロエの花や紫のリトルエンジェルというノボタンの種類も満開で絶景とお花を一緒に撮れて”う~ん幸せ(^-^)”

下田港内を巡る遊覧船「黒船」の姿も小さく見えています。
下田は風光明媚な所でした。夕暮れの港もいい雰囲気でしたship
Isn4
Isn5
Isn6

| | コメント (4)

2014/11/20

丹波篠山

Tsy1
Tsy2
連休最終日の11月3日、京都からだいぶ足を延ばして兵庫県丹波篠山へ行ってきました。
連休中はマルシェが開催されているとのことで興味を持ち行ってみました。

到着したのがお昼近くでマルシェはすでに相当な賑わい、会場は「河原町妻入商家群」旧街道の面影を今に残す美しい景観の場所でした。

商店街の普通の飲食店がすでにお昼の部完売というお知らせを店の前に出している繁盛ぶりでマルシェにはきっと何かあると思い進んでいったのですが、食べ物のお店はすごい長蛇の列、それに売り切れの所続出というここもまた大繁盛していました。
朝はホテルの朝食バイキングであんなに食べているのに、売り切れとなるとなんだか危機感を感じてしまう自分・・・ちょっとしたおやつ程度に軽食を食べてやっと落ち着いて雑貨など楽しいお店の散策を楽しんできました。
Tsy3Tsy4
マルシェから少し離れたとところですが老舗の雰囲気のお豆屋さんを見つけてお買い物をしました。
丹波の黒豆、○○と大きなお豆は煮る時に入れるといいと古い釘も付けてくれました。
お正月に母に教えてもらいながら煮てみようと思います。
しぼり豆はお菓子でこのまま食べられ、あまり甘くない甘納豆っていう感じですがもっと噛みごたえもある奥深い味、豆の美味しさが前面に出ています。
Tsy5Tsy6
小西のパンの「黒豆パン」は丹波の黒豆を8時間から9時間じっくりと煮込み甘さをおさえ黒豆本来の味を引き出し・・・というお店の案内通りの美味しさでした。このパンに出会っただけでも丹波篠山まで行った甲斐がありました。
とにかく美味しいお豆がいっぱい詰まったパンでしたlovely
Tsy7Tsy8
山に囲まれたこの地はイノシシのお肉も有名なようです。お肉屋さんの店頭もイノシシ、ボタン鍋のお店もあちこちにありました。福井でよく親類からイノシシのお肉はいただくのでお味はよく知ってま~す。
そして篠山城跡も見学してきました。濠や石垣は当時のまま、家康が大阪城攻略の拠点としたお城で天守閣はない見た目よりも実用という感じのお城でした。
丹波篠山、やっぱり思い出は豆の一言good

| | コメント (4)

2014/11/19

こんな季節ですね

Ttwあちこちでクリスマスイルミネーションの点灯式が・・・というニュースを見るとだんだん今年も残りが少なくなってきているぞ~という気持ちになります。

先日、友人と一緒に楽しんできた東京タワーの展望台に飾ってあったツリーです。(このグリーンリボンは臓器移植普及のキャンペーンだそうです)

ここ一週間、風邪でのどをやられてしまい咳はコンコンのどはヒリヒリ目は涙目、辛い状況でしたがようやく回復傾向です。
寒さに乾燥、これは気をつけないといけませんね。

友達も同じ仕事をしているのでお互いの近況を知って本当にどこもかしこも大変な状況なんだと、うちはこの人員不足で冬をどう乗り切るのかと今から心配です。

写真を見ては楽しい時間思い出してますhappy01
そんな心のビタミンの力も借りてとにかく体調に気をつけて日々を過ごしたいと思っています。


|

2014/11/16

東福寺

Tft1Tft2
Tft3Tft4
Tft5Tft6
11月の最初の連休の京都の続きになります。

京都駅から奈良線に乗り一駅の東福寺へ・・・ここは紅葉のテレビ中継ではよく紹介されていたので一度行ってみたいと思っていたお寺でした。
友人と駅で待ち合わせして賑やかに散策してきました。
お天気は途中かなりの雨に降られましたが、雨の間ゆっくりとお食事処で時間を過ごしました。紅葉にはまだ早くて観光客が少なかったのでゆっくりさせていただきました。

期間限定で一般公開されていた龍吟庭に入ってみることにしました。現存する日本最古の方丈建築だそうで書院造と寝殿造の手法が融合した建築とモダンなお庭の取り合わせが独特でした。
紅葉で有名な通天橋からの眺めはまだ緑色の中にちょっぴり赤いという色づき、実際下に降りて地面の高さで見るもみじもやっぱり緑が多かったですmaple
でも緑が多くても紅葉の名所、絶景には間違いないという場所でした。
名カメラマン同行だったので記念撮影いっぱいしてきましたcamera風景を撮った写真がめちゃ少なかったのですが何枚か選んでみましたよ~!!

11月下旬から12月にはまたテレビでここの紅葉中継見れるかなsign02
燃えるようなもみじと通天橋、それも楽しみだなぁ。

| | コメント (2)

2014/11/12

昨日は

Smp


続きを読む "昨日は"

|

2014/11/11

なんじゃもんじゃ

Nmj1
Nmj2
Nmj3


続きを読む "なんじゃもんじゃ"

|

2014/11/10

キラッキラの夜

Tkt1Tkt2
Tkt3Tkt4
Tkt5Tkt6
昔からのお友達二人がなんと同時に東京に来て三人で再会、ボンとショウガツとクリスマスがいっぺんにやってきましたscissors

丸ビルでお茶して東京タワーのイルミネーションを見て今年できたばかりの虎ノ門ヒルズでお食事してと夢のような時間を過ごし気が付けばもう夜もふけ、そろそろお開きの時間が~~まるでシンデレラの話みたいですが帰りの地下鉄の駅に向かう道中はヤジキタ道中で、本当に顔のシワが増えるほど笑ってきました。

私のパワースポットはまさにここにあった!!!とパワー充電させてもらって日常に戻りましたflair
本当にはるばるようこそ東京へ!!そしてまた次回もどこかではしゃぎましょうnote
キラッキラの夜に乾杯bar

|

2014/11/06

銀閣寺

Kh1
Kh2
Kh3
Kh4
Kh6
Kh5


続きを読む "銀閣寺"

|

2014/11/05

南禅寺

St1
St2
St3
St4
St6


続きを読む "南禅寺"

|

2014/11/04

連休

Kk1
連休でした。義父の納骨で京都へ行ってきました。
連休の京都はそれはそれはすごい人出でしたが京都の観光もちょっぴりできました。
南禅寺・銀閣寺、そして宿泊した翌日は神戸から友人も来てくれて一緒に東福寺へ行き久しぶりにいっぱい話ができました。隣にいる主人、女性っていうのはどうしてこうもしゃべるのかと不可思議だったようです。

Syt1
翌日は丹波篠山観光、行ったことのない町を散策するというのは本当にワクワクします。
今回の旅行は福井経由で切符を購入(全7枚の切符を駆使しての移動)、オリジナルなルートの大移動でしたbullettrain


|

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »