« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015/10/31

中津川渓谷maple

Nk1
Nk2
Nk3
Nk4
Nk5
Nk6
Nk7
Nk8
Nk9
Nk10
中津川渓谷では美しい紅葉に彩られた風景を見てきました。

駐車場から少し下ったところに渓谷にかかる橋がありそこからの眺めは是非と添乗員さんが教えてくれました。
ずっと遊歩道が渓流ところまで続いていますが下まで行ってしまうと集合時間に間に合いません・・・との注意もあり、なんだか腑に落ちないけどこれが盛り沢山な団体旅行とあきらめ、でも時計をにらみながら時間の限り散策してきました。
旅行の最後にアンケートの紙が配られたのでもっとゆっくり見学時間をとって欲しい!!!と具体的にここはあと何分欲しかったと書いてきました。

遊歩道を歩いている時に立派なカメラを持ったいかにも撮影に来たという人に何人かすれ違いました。
下まで行ってみたかった、と今でも思います。

|

2015/10/29

大自然の中を

Bsm1
バスツアーだから仕方がないのですが、絶景をバスの中から眺めつつもここで停まってという訳にもいかず、でもこの景色を記憶にとどめたいshineと車窓からいっぱい写真を撮り続けていました。
ブレたり窓ごしなので反射してうまく写らなかったりが多いのですが・・・↑は遠くにうっすら冠雪した山と紅葉が一緒に撮れましたgood
冠雪している山の名前を知りたいけど、ガイドさんもいないツアーだったのでわからないままですが「まあいいっかsign02
Bsm4Bsm2Bsm3
バスはどんどんスカイラインを登っていき荒涼とした独特の風景の浄土平に到着しました。
気温が高い日だったので薄いウインドブレーカーをはおって快適という日でよかったのですが風は強かったです~髪の毛が逆立ったような写真ばかり残っています。

浄土平の東に鎮座するのは浄土平のシンボル「吾妻小富士」、山頂はすぐそこに見えていますがバスツアーなもんで集合時間もあり下から眺めるにとどめました。
ポスターではこの場所のこんな見事な紅葉がmapleshine
Bsm5_2Bsm6_2Bsm7_3
↑こちらは浄土平の北にそびえる一切経山です。
現在も噴気をあげる活火山でビジターセンターには本日の噴気情報が出ていました。
真ん中の写真の山の中央あたりに噴気が少し出ている様子が写っています。
浄土平の周辺は高山植物や池塘に彩られた湿原が多数点在するとのこと、いい時期に歩く装備でじっくり行ってみるのもいいでしょうね!!
Bsm8Bsm9Bsm10
日本百名山のひとつ磐梯山は過去に大きな噴火が2回あったそうです。806年の噴火時までは富士山のような形だったのが噴火によって今の3峰の形になり、その時に河川がせき止められて猪苗代湖ができたとか。1888年の噴火で北側のカルデラ地形と裏磐梯の湖沼ができたそうです。
それと東日本大震災まで標高が1819mあったのがプレートのずれで3m低くなり現在は1816mになっているとのことです。
自然の力はすごいものですね。

磐梯山もいろんな角度で見てきました。一枚目は毘沙門沼から、二枚目はホテルから、三枚目は帰路につく途中のバスの中からの写真になります。

見る角度により表情を変えるので旅行を通して磐梯山の眺めには楽しませてもらいました。

|

2015/10/26

錦秋~会津・磐梯~maple

Jd1
Ntk11
Gn1
Gn2
バス旅行で会津・磐梯へbusバス旅行ならではの盛り沢山な内容で二日間で紅葉の名所を沢山巡ってきました。

磐梯吾妻スカイラインを経由して最初に到着した場所は浄土平、そして五色沼方向に向かう途中の「中津川渓谷」に寄りその後「毘沙門沼」へとドラマチックに変化する車窓の風景にもずっと心奪われた一日目↑
いろんな角度から見る磐梯山の風景がとっても印象的です。
Tc1
Oj1
Oj2
Oj3
Th1
二日目はリゾートホテルをゆっくり出発して「鶴ヶ城」~「大内宿」~「塔のへつり」を見学してきました。

二日間ともお天気がよく、晴れた空の下で見る紅葉は本当に綺麗でした。
錦おりなす風景をいくつか残しておきたいと思いますmaple


| | コメント (4)

2015/10/20

名古屋観光

Nu8Nu6
Nu4Nu7
Nu5Nu10
次男のリクエストで名古屋名物ひつまぶしを食べることになり、お昼は「あつた蓬莱軒 本店」に決定。Nu3
近くの散策ということで白鳥庭園と熱田神宮にも行ってきました。

熱田神宮はこの日「弓馬術演武奉納」があり、古式ゆかしき装束の人が歩いているところに出会いました。
その後のことですが、なんとなんと10年以上ぶりの再会になるのですが名古屋に引っ越していかれた知人にバッタリと会ったのです。
私が斜め45度の角度から顔を見た瞬間に気が付き声をかけてお互いにビックリして近況を語りあい・・・主人・次男も知っている人ですからみんなで挨拶しお店の予約時間になったのでまたの再会を約束してお別れしました。
こんな偶然の出会いもあるんですね、とにかく帰ってきて思い出しても神様が引きあわせてくださったと思えるような偶然の出会いでした。

ひつまぶしは食べざかりの二人がご飯大盛りを私は普通盛りをいただいてきたのですが、美味しくてペロリと。食後はちょっと食べすぎ感もありこりゃあ食べたカロリーを消費しなくては・・・と次は次男の住む近所の覚王山、日泰寺(にったいじ)へ行くことにしました。日本で唯一お釈迦様の遺骨を祀るお寺です。明治33年にタイの国王から贈られた仏舎利を奉納。「日本とタイの寺院」ということで日泰寺と名付けられたという由来になるほど!!!!
Nu11
覚王山の門前町はユニークなお店の集まりで小さな吉祥寺みたいな雰囲気がありました。
紅茶屋さんのカフェで紅茶ソフトを食べ、流れる^^;をひかせて、ホッとしみじみした美味しさでした。
サービスで試食させていただいたドライフルーツも美味しかったですgood
帰りの新幹線は通路をはさんだ座席で楽しい男性4人のグループが宴会で盛り上がっていましたが、その声をBGMように聞きながらいつしか夢の世界に、気が付けば終点東京でしたbullettrain

名古屋shineめいっぱい楽しみましたclover

| | コメント (0)

2015/10/19

名古屋にて

Nu1Nu2
久しぶりに次男がいる名古屋へ行ってきました。
大学のホームカミングデイで昨年のノーベル物理学賞を受賞された天野先生の「世界を照らすLED」というお話を聴講できるという貴重な機会なので今年初めてこのイベントに出かけてきました。

先生のお話は「今日は難しいお話をします」という前ぶれがあったのですが、なんとユーモアいっぱいにノーベル賞受賞の知らせを受けた瞬間からノーベル賞受賞の一週間のお話をスライドもサービス精神いっぱいの内容で見せていただき会場は笑いにつつまれた前半となりました。後半は青色LEDの研究のお話で青色発光を実現するために窒化ガリウムの透き通った結晶の作成に成功するまでの研究の過程など難しい内容ではありましたが興味深く聴講してきました。
研究費が限られていたので実験装置を手作りしたエピソードもありましたが、その実物を講演後に赤崎記念研究館で見てきました。
お話の中でビール瓶に銅線を巻きつけてコイル状のものをつくり・・・・というようなことを楽しそうにお話しくださっていたその実物、それはとっても複雑な装置でよく手作りしたなぁと感心するばかりでした。
講演会場の外に天野先生の等身大パネルがあったのであつかましくもツーショットで記念撮影してきましたcamerahappy01

卒業前の今年が最後のチャンスと行ってみて本当にいろいろ刺激をもらった一日でした。

|

2015/10/15

陣馬山 秋の花

Jf1Jf2
Jf3Jf6
Jf5Jf9
Jf4Jf7
Jf8Jf10
Jf11Jf12
陣馬山の山頂近くには花がいろいろ咲いていたので撮ってきました。
この他に「センブリ」の白い花を見つけたのですが、見つけたタイミングが悪かったのです。そのまま通過した時にはこの先のどこかにも咲いているだろうと思ったのですが残念ながら山頂のその限られた場所だけに咲いていたようです。
山歩きの疲れもかわいい花が癒してくれますね~山頂付近はこんな花が出迎えてくれましたhappy01

花の名前は画像にマウスオンで出てきますが、自信のないものもあるのであしからず。

| | コメント (0)

2015/10/12

陣馬山から景信山へ

Jbm3Jbm4
満足感いっぱいに下山してきた今回の山でしたが、翌日から筋肉痛が出てきました。
コースは陣馬高原下のバス停から出発して陣馬山新ハイキングコースで山頂を目指し休憩、奈良子峠・明王峠・底沢峠を経由して景信山に行き小仏バス停に下りていくコース、振り返ると陣馬山の頂上までの急勾配と小仏に下る道の凸凹ありの一気下りは私には結構きつかったです^^;

きつかったけどやっぱり山頂からの眺めは気持ちよかったhappy01
そして何より今回このコースを歩いたことで前回の足跡(←クリックしてみてください)とつなげると高尾山からの縦走が完結しましたgood

そして高尾山方面4回目にして初めて山頂からの富士山を見ることができました。
そんな一日の足跡を残しておきます。
Jbm5Jbm6
Jbm7Jbm8
陣馬山山頂まではスギ林が続きます。木の根っこにつまずかないように注意しながらアップダウンなしにひたすら登るコースでした。1時間位の登りが続きますが急に視界が開けて明るくなり山頂の白馬像が見えてきます。山頂の少し手前から富士山が視界に入ってくるとテンションがあがりましたfuji
Jbm9Jbm10
Jbm11Jbm12
Jbmf1
山頂の富士見茶屋でけんちん汁をいただきながら富士山の眺めを楽しみつつ午前10時ですがお弁当を広げて早い昼食を食べエネルギー補給です。
荷物を軽くしてから次の山に向かって出発shoe
Jbm13_2Jbm14
Jbm15Jbm16
順調に歩いてきたのでこのまま高尾山まで行こうかとも思ったのですが、明王峠から景信山の途中で山岳レスキュー隊や消防・警察の人が大勢救助に出動してヘリコプターで人を救助する現場に遭遇してしまいました。
救助された方の無事を祈りつつ、山をあまくみてはいけないと改めて思い初心を変えずに景信山まで行ったところで下山してきました。
今回は 景信山からも富士山が見えました。
この翌日に富士山の初冠雪が観測されたとの報道があったので今年最後の雪なし富士山を見たことになりますね。
Jbmf2

| | コメント (0)

2015/10/10

陣馬山へ

Jbm1
Jbm2
陣馬山に登ってきました。
頂上はいい眺め、そしていいコース、一日の歩数が23000を超しました。
なんとも言えない充実感full

|

2015/10/05

お祝い

Sk1Sk2
記念の日に海辺のカフカの舞台を観賞してきました。
小説を読んでいても不思議ワールドだったのですが、舞台もまた不思議ワールドでしたが心の中にものすごく余韻が残るその世界、もう一度舞台を観てみたいなぁとそう感じる作品でとってもよかったなぁ!!

なんといっても宮沢りえさんがゾクゾクするほど美しかったです。

なんのお祝いって、誰かさんの60のお祝いですbirthday
おめでとうshineshineshine祝還暦present

|

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »