« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016/03/27

卒業おめでとう

Spr5 Huyuharu_2
次男の卒業にあたり、以前に作ったアレンジメントの写真を出してきました。

いよいよ社会人だねshine
落ち着かない日が続きますのでコメントはしばらくお休みします。
また再開したらよろしくお願いします。


|

2016/03/24

報徳二宮神社

Nkz1 Nkz2
Nkz3Nkz4
先日、朝のテレビでユニークな二宮金次郎像を紹介していたのを観ました。
二宮金次郎といえば焚き木を背負い歩きながら本を読む姿ですが、この姿が歩きスマホにつながるとかで最近は座って本を読む像があったり、なぜだかロケットを背負い空に飛んでいく像があったり・・・クスリと笑いながら観ていました。

1月小田原に立ち寄った時に報徳二宮神社にこの由緒正しい二宮金次郎像がありました。
この一体だけが戦争中の供出を免れ残っているものということでした。


|

2016/03/23

サンシュユ

Iwp4
2泊した次男、バタバタと買い物をして名古屋の後片付けに戻って行った。
4月からのことに頭がいっぱいだったようで卒業式に履く靴も引っ越し荷物に入れて出してしまったので一足昨日買った。
既製品でなかなか合うサイズがなくて困っていたカッターシャツもジャストサイズがあるお店を見つけた。
デザインがどうのこうの言ってられない、6年前の服選びを思い出す。
一番心配だった単位もそろい25日は卒業式。


|

2016/03/20

早咲きの桜

Iwp2
Iwp3
染井吉野の開花はまだですが、近所には早咲きの桜が綺麗に咲いています。
濃いピンクが寒緋桜、淡い色は大寒桜です。

明日は次男が卒業式を前にして名古屋の荷物を全部出し東京へやって来て2~3日滞在の予定。
大学入学の年を思い出すと今年はずいぶん暖かで卒業式を桜が彩ってくれそうですcherryblossom


|

2016/03/18

巾着

Knh1Knh2
Knh3Knh4


続きを読む "巾着"

|

2016/03/17

糸巻き

Im1_2 久しぶりに糸と針を持っています。
赤い手縫い糸を使いきりました~糸巻きを見ながら昔の思い出にふけってみました。

実家は私が子供の頃、洋品店という名の何でも屋さんでした。
この糸も専用のボックスがあってズラーッといろんな色が店に並んで売られていました。
商売の方向転換で雑貨の取り扱いをやめた時に赤が何個か売れ残り、祖母の裁縫箱にそれはしばらく入っていて、私が結婚する時に空っぽのソーイングボックスじゃあダメだからっていうことでもらった糸でした。
そう考えると多分ですが、私が高校生くらいの時の糸ではないかと思うのですw(゚o゚)w

そうそう、この糸巻きはひとつひとつにいろんな言葉が書いてありました。
糸を使い切ってそんな言葉が出てきたことからいろんな思い出がよみがえりましたshine

|

2016/03/13

華やいで

Mhf1
Mhf2
Mhf3
Mhf4
Mhf5
Mhf6
Mhf7
Mhf8
Mhf9
Mhf10
Mhf11
Mhf12
先日の百草園では沢山の素敵な手作り作品をいっぱいカメラに収めてきました。
見ているだけで心華やぐようです。
こんなのを実際に作ってみたいですね!!
百草園の雰囲気と作品がまたピッタリと合って素敵な世界でした。

| | コメント (2)

2016/03/09

3月9日

Mhf13
振り返れば2005年3月9日にこのブログを始めました。
時々前のことを読んだりすると、その時々のことをしっかりと思い出すことができます。
続けているうちにブログはそんな私の相棒になってくれました。

先日こんな花を見ましたよ~福寿草ですshine金色に輝いていました。

| | コメント (8)

2016/03/03

百草園

Hina0
Hina3
Hina2
Hina1
Hina5
Hina6
Hina4
日野市にある百草園でひな祭りの時期につるし雛が飾ってあるとのことで行ってきました。

京王百草園駅で下車してかなりの坂道を上ったところにありました。
多摩丘陵の一角になる場所で園内も傾斜のある道を散策する感じで思った以上にいい運動になりますshoe

今は梅の花が満開で来場者が多くてひな祭りの飾りも沢山あり華やかです。
手作りの吊るし雛の数々、細かい仕事でできている作品は目の保養になりますlovely
園内には見晴らしのいい場所が何か所かありますが、新宿副都心もやっとやっと見えるかなぁ???かすんでいました。
最後の写真は筑波山の方向が見える場所ですが、こちらも霞んでわからないです。

今日はひな祭り、夜は手巻きずしでも作りましょうsmile

| | コメント (2)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »