« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016/12/29

2016年もありがとう

2019yt
今年も残すところ3日となりました。
私は今日が仕事の最終日となります。

今年は年頭から東京で新しい職場にデビューし、引っ越しをはさんで福井に移住してから11月から古巣の職場に戻り現在に至っています。

まだまだ自分の力の足らないところばかりを感じながら、でも精一杯頑張って仕事をさせてもらっています。

今年も一年間いろんな方の支えをいただきながら過ごすことができましたことを心から感謝申し上げます。

皆さまどうぞよいお年をお迎えください。

写真は石川県 那谷寺の雪吊りです。
今年もいろんな場所を訪ね沢山の写真を撮り、気に入ったものを思うままにブログに載せてきました。見ていただきありがとうございましたheart04


| | コメント (2)

2016/12/27

実家へ

Eoc1
車で40分、東京にいた頃はものすごく遠く感じた実家でしたが、福井に戻ってからはちょっとそこまでという感覚で行けるようになりました。

日曜日、米30キロを精米したいから手伝ってというので主人と行ってきました。
最近私は肩から腕が痛いので力仕事は主人に頼っています。

道中、トンネルを抜けて大野市内にさしかかると大野城が見えてきます。最近は天空の城で有名になってきました。

力仕事は主人と父で、私は母とお正月の花を生けたりお正月の料理の打ち合わせをしたりしてきました。
お米と野菜をたっぷりお土産にもらい、実家とはなんとありがたいものでしょうheart04

父は波はあるものの元気に年越しができそうです。
またお正月に子供も一緒に会いに行くわね。


| | コメント (2)

2016/12/25

クリスマス

Mx2016
グリーンセンターの温室でのクリスマスコンサートに行ってきました。
24日はフルート・クラリネット・ピアノの三重奏でクリスマスソングの生演奏を聞いてきました。

今年一年は自分にとってはいろんな変化に満ち満ちた時間でした。

今やっと落ち着いて日々を過ごしています。
もうクリスマス、一年がすごいスピードで過ぎていきました。


|

2016/12/19

氷河を体感する

カナディアン・ロッキーを旅してみて印象に残っているのは氷河湖の水の美しさと実際にその水の源となっている氷河の上を実際に歩いてきたことです。
そもそも氷河って何なんでしょう・・・ガイドブックによれば、降り積もった雪が30mを超えると下層部が圧縮されてプラスチック状の氷になり、さらに積雪が増えると谷間からあふれ出して氷河となって流れ出るのだそうです。
雪上車に乗って行ったのはコロンビア大氷原の一部であるアサバスカ氷河です。
写真から雰囲気が伝わるといいのですが・・・何枚か写真を載せておきます。

氷河の溶け水の味見もしてきました。冷たくて美味しかった・・・というありきたりな表現になりますが、いつの時代に氷になったのかはわかりませんが時を経て溶けた水を飲んでいると思うと大自然を体感した気分になれます。
それと写真で見るよりもずっとずっと氷河のスケールは大きいものでした。
Ah5
Ah0
Ah4
Ah1
Ah2
Ah6
Ah3


| | コメント (0)

雪上車

Ci1
大迫力の雪上車に乗り氷河へ・・・・それにしても素晴らしい晴天sun
紫外線対策も万全に!!


|

2016/12/18

コロンビア大氷原

A1
今年の写真は今年のうちに載せようと思いまたカナダに戻っています。
コロンビア大氷原に到着、これから雪上車に乗って氷河に向かいます。


|

2016/12/16

初雪の庭

Img_20161216_082636


|

2016/12/11

玄関に

Gsm1ここ数日寒さが増してきています。

玄関にクリスマスっぽい飾りをと思いいろいろある物を総動員しました。
以前はツリーに飾っていたオーナメントも家に残っていましたxmas
年代物ですよ~残していたんですよね。
こんな性格だから家が片付かないのかもしれませんが。

福井市内に初雪の日も近そうな・・・・あまり降ってほしくはないんですよねsnowそろそろ冬タイヤに交換もしないといけませんねrvcar


| | コメント (2)

2016/12/07

紅葉 mapleそろそろ終盤

123ky
先日お隣の石川県の山中温泉、鶴仙渓遊歩道を歩いてみました。
紅葉の名所ですが、12月に入っていましたから時期遅し・・・・ほとんど散っている中、こおろぎ橋近くの木が一本だけ見事な色に染まっていました。
色も形も100点満点といった紅葉mapleしばし見とれていました。

最近職場復帰いたしました。出戻り新人としてまた頑張りますね。


| | コメント (2)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »