« 学習机 | トップページ | ぶらり飛騨高山 »

2017/09/30

天空への小径

Tko1
実家へ行くといつも下から見上げる大野城、そのお城はある気象条件が揃うと天空の城になることで有名になり、いつか行ってみなくてはと常々思っていました。

大野城を少し離れた所から見る展望台も整備されていて天空ではなくてもそこまでとにかく行ってみようと装備をして行ってきました。
装備といっても大したことではありませんが、トレッキングシューズを履き熊よけの鈴を持って、歩く距離は大したことはないのですがそれだけの装備は絶対して行ったほうがいいです。

行ってみて驚いたのはバスツアーで関東から団体さんが登っていたこと。30名くらいのグループで来ていました。ツアーのコースにこんなマニアックな場所が入っていることにビックリです。

ピカピカの晴天すぎて天空にはほど遠い景色でしたが大野城をこういう角度から眺められることがとても新鮮でした。
誰が名付けたか「天空への小径」、これからの季節、前日に雨が降り当日風がなく放射冷却になった・・・・そんな条件が揃った朝に雲海に浮かぶ大野城が現れるんです。
展望台にあった写真がこちらです↓
Tkr3
Tkr1_2015
入口には電気柵があります。イノシシ侵入防止策なんでしょうか?


|

« 学習机 | トップページ | ぶらり飛騨高山 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

GANちゃん
こんばんは!

10月に入り秋らしくなってきました。
気象条件が揃うと大野城は天空の城になるのですね。shineannoy

お近くで見られるって素晴らしいですね!!
熊が出てくるのですか?
昔、熊は死んだふりすれば良いと聞いていましたが
今頃は通用しないそうですね。
鈴を持つと良いのですね。

日本の国土の70パーセントは山と聞いていますが、
こちらは普通の山です。
天空のお城が見られるとは羨ましい限りです。
詳しく知ることが出来見せて頂いて嬉しいです。heart02
有難うございました。heart04

投稿: sakura | 2017/10/05 19:06

☆sakuraさん 
コメントありがとうございますheart04
急に気温も下がってきましたね。

大野市は四方を山にぐるりと囲まれた盆地で、そのちょうど中心にある亀山という山の頂上に大野城がありまして、これから寒くなると雲海に浮かぶお城の風景が時々全国ニュースでも流れます。

最近は人気が出て県外からわざわざ来られる方もいるんですよ。
これから熊の出るシーズンなので熊対策しないと
山には怖くて入れないんです。大野市は結構街中にまで熊が出てくるような所ですsweat01
遭遇したら刺激してはいけないそうですね。
静かに後ずさりしながら熊から離れるといいらしいですが、会ったらそんな冷静ではいられないですよね。
熊は人の気配があれば近寄ってはこないと信じて鈴を鳴らして歩いてきました。

なかなかこの気象条件が揃うことはなく年に数回なのですが、天空のお城を見てみたいものです。

投稿: GANちゃん | 2017/10/06 17:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 学習机 | トップページ | ぶらり飛騨高山 »