« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月

2019/07/28

キュウリの葉陰

Gkk

梅雨明けの頃、我が家のキュウリは二階の高さまで到達しまして涼やかで美味しい緑のカーテンとなりました。

| | コメント (0)

2019/07/25

鳴子~松島へ

Orgk1
翌日お天気は昨日とは一転してピカピカの晴れとなりました。
朝からお宿の中で湯巡りをして朝食もおいしく食べて名残惜しいですが二日目の行程に出発しました。
鳴子御殿湯から松島へ移動です。地元の人と観光客が半々という雰囲気の車内でお土産に買った折り紙を折って紙のこけしを作り、そうこうしているうちに松島到着となりました。

カキ丼とあなご飯という名物をお昼に食べて観光開始、、、、でもその前にこんな看板が目に入ってしまい寄り道です。
St7
”ずんだシェイク”見てしまったら素通りはできませんね。美味しかったです!!!
St9
St10
日本三景松島、遊覧船に乗ろうか瑞巌寺へ行こうか、どこから巡ろうという計画は全くなくずんだシェイクのお店の近くの観瀾亭に行ってみることにしました。高台にあり眺望のいい場所で海を見ていると、係員の人が向こうから塩釜のお祭りのお神輿を乗せた船が松島に入ってきました!!と教えてくださいました。
そんな事は願ってもないことで、その後お祭りの神事が行われる様子を下におりて間近に見ることができました。
大漁旗を掲げた沢山の漁船と鳳凰の飾りを付けたお神輿をのせた船が松島湾を一巡するのを一部始終見てから瑞巌寺へ、そして五大堂へ、最後に遊覧船に乗船しました。
心地よい揺れに自分が船をこいでしまい風景の写真はまともな物がほとんどなく・・・唯一この一枚を載せておきます、ああ松島や松島や!?
2泊3日の旅行、温泉をたっぷり味わい尽くしのんびりできました♨
Mz1
Msi1

| | コメント (0)

2019/07/23

のんびり旅行

St2
St1
連休に宮城県の鳴子温泉へ行ってきました。
仙台までは飛行機で、その後はローカル線ののんびり旅行・・・仙台駅で駅弁を買いいざ出発です。
お天気は雨☂、鳴子温泉駅で下車しかわいいこけし巡りです。
郵便ポストがこけしだったり町のあちこちにこけしだらけ。
Sat1
St4
休憩所には手湯があったり、駅前に足湯があったり町中に温泉の香りが充満しているまさに温泉の町。
ブドウの蔓を編んだかごを売っているお店で素敵な作品をいっぱい見て目も楽しみお隣の鳴子御殿湯駅に移動して東鳴子温泉に宿泊♨・・・一度入ってみたかった母里の湯に案内されて極上のひと時を、しっとりとした自然の中にある露天風呂を楽しんで体にしみるようなお宿のお料理を楽しんだ一日目・・・そして松島に続く・・・
St5

| | コメント (0)

2019/07/21

ピラミッドアジサイ

Pa3Pa2Pa1

昨年の秋に植えてみたピラミッドアジサイという花、初めて花を咲かせてくれました。
想像よりもずっと小さな花でした。いつか湿原で見たノリウツギの花を思い出させてくれる姿です。

緑がかった色からだんだんと白に変わって、7月に入ってからようやく咲き始めました。
二株を通路をはさんで植えています。

| | コメント (0)

2019/07/11

7月はエネルギッシュに!!

7113
7110
今月のアレンジメントは鮮やかな色彩の花たちを入れての作品作りでした。
紫のバンダ、黄色・赤・ピンクのバラ、薄紫の大輪のキク、クルクマ、アンスリウム、ドラセナ、モンステラ、ソケイ、マトリカリヤを使っています。

形は自由にということで横に広がる形にしてみました。
主張の強い花たちをどういうふうに組み合わせようかと悩みながらの作品作りでした。
色鮮やかな花々に元気をもらっています。
7112
先月のアレンジメントはドウダンの枝がまだ元気なのでヒマワリの花を入れて模様替えして玄関に置いてみました。

| | コメント (0)

2019/07/08

白山平泉寺へ

Hsj1
Hsj2
苔で有名な勝山市の白山平泉寺へ出かけてきました。福井市内から30分ちょっとのドライブと近い場所なのですが、久しぶりです。
前回は南谷発掘地の見学会で2007年8月でしたから10年以上前です。
静かな境内、立派な杉並木そして一面の苔の緑に包まれた風景は10年なんていう短い時間で変わるはずもありませんね。マイナスイオンたっぷりの森林浴をしてきました。

| | コメント (2)

2019/07/04

梅雨空にハイビスカス

Hb73
ハイビスカスの花数が増えてはいるものの時々咲くという程度で、咲いても一日限りの一日花、咲けばテンションが上がるというものです。
今日は咲きました❁
大雨の被害がどうかこれ以上出ませんようにと思いながら空を見ています。

| | コメント (0)

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »